I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



リッチモンド

 リッチモンドは「豊かな山」という意味だそうである。16世紀の英国王ヘンリー7世(1509〜47)の称号に由来し、リッチモンドパークで知られる英ロンドンの地区名が源である。他の北米の多くの町の名と同様、この地区から移住した人々が、それぞれ移住先に故郷の名前をつけたので、北アメリカ大陸やオーストラリア、南アなど全世界にリッチモンドが27あるそうだ。もちろん一番有名なのは南北戦争の南軍の首都で、パトリシア・コーンウェルのサスペンス小説・女性検視官シリーズの舞台でもある米バージニア州の州都だが、今回のテーマは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のリッチモンド、バンクーバーの南に隣接する人口16万人余の和歌山市の姉妹都市である。
 提携30周年式典のため、10月16日からリッチモンドに3泊滞在した。バンクーバー周辺はアジア人が大変多く、日系人も多いが、中国人の数が多いのには驚かされた。
 リッチモンドは中国系が人口の4割に達する勢いだそうで、漢字の看板が町中に氾濫している。見学した図書館には中国語の本のコーナーがデンとあって、利用者も大半がアジア系の顔をしている。戦前の中国からの移民と香港出身者に、最近は台湾出身が加わったが、特に多いのは香港からの移住者で、チャイナタウンに入ると広東語しか通じない所もあるそうだ。カナダは英語と仏語が公用語で、店の看板、道路標識などすべてが英仏両語表記を義務付けられているが、西海岸ではフランス語はほとんど使う人がおらず、中国語が実質的な公用語となっている。まちを歩いていても中国系の店がかなり多いし、公園に行くと、団体で太極拳をしている人がいて、西洋の国にいるとはとても思えない雰囲気だ。
 リッチモンドの発音は「ド」がほとんど聞き取れず、「リッチマン」に聞こえる。歓迎宴で「リッチモンドのリッチマンの皆さん」とあいさつの口火を切ったが、ギャグが滑った。


 
(左)ショッピング街や飲食街には中国語の看板が林立している。「大福餅店」というのはパン屋さんのことだ
(右)歓迎式典でリッチモンドのマルコーム・ブローディー市長と。市長の娘さんは京都に留学した経験がある


<back>

 

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp