I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



厄介と節介

 テレビの連続ドラマのヒロインというのはどうして皆あんなにお節介なのだろう。とにかく、必ず厄介なことに首を突っ込んで、ひと悶着起こして、騒動を大きくしたあげく、本人の必死のがんばりと周りの助けで、何とかことが解決するというパターンが多すぎる。「ちゅらさん」「ほんまもん」「さくら」「まんてん」「こころ」と続いた平仮名題名のNHK朝のドラマはその典型で、最後は丸く収まると分かっていても、イライラさせられた。
 しかし考えてみれば日本のドラマは、水戸黄門にしても、やっぱり厄介なことが放っておけないお節介なご隠居さんの話だし、むかし一世を風靡した木枯し紋次郎も「あっしには関わりのないことで」と言いながら厄介ごとに巻き込まれ、結局お節介をする羽目に陥る浪人の物語だ。別に最近のホームドラマに限ったことではないようだ。
 「厄介」と「節介」が共有する「介」の字は、「よろい」の中に身を入れるという意味で、そこから「挟まる→仲立ちする→世話をする→助ける」という意味が次々派生した。従って「厄介」は面倒な世話をすること、「厄介になる」は泊めてもらったり、居候したりすること、そして厄介者は「居候のように役に立たず、世話ばかりかける人」の意味となった。
 一方の「節介」だが、「節」は「さだめ」「きまり」「礼儀」といった意味で、主義や礼儀、操を守り通すことにも用いられる。だから「節介」は、「節操を固く守って世俗と同調しないこと」が漢語の元々の意味で、それが日本では、なぜか「お節介」と「お」をつけることで「頼まれもしないのに余計な世話を焼くこと」という意味に化けてしまった。「厄介」という悪いイメージの言葉に引きずられて、意味がひっくり返ったのかもしれない。
 「こころ」が終わって、久々に漢字交じりタイトルの朝ドラ「てるてる家族」がスタートするが、やっぱり厄介と節介が毎週のテーマになるのだろうか。

 

NHK朝の連続テレビ小説
放映年 タイトル 主要出演女優
1961 娘と私 小林美七子
1962 あしたの風 渡辺富美子
1963 あかつき 荒木道子
1964 うず潮 林美智子
1965 たまゆら 亀井光代
1966 おはなはん 樫山文枝
1967 旅路 日色ともゑ
1968 あしたこそ 藤田弓子
1969 信子とおばあちゃん 大谷直子
1970 南田洋子
1971 繭子ひとり 山口果林
1972 藍より青く 真木洋子
1973 北の家族 高橋洋子
1974 鳩子の海 斉藤こず恵,藤田美保子
1975 水色の時 大竹しのぶ
おはようさん 秋野暢子,中田喜子
1976 雲のじゅうたん 浅茅陽子
火の国に 鈴鹿景子
1977 いちばん星 高瀬春奈,五大路子
風見鶏 新井春美
1978 おていちゃん 友里千賀子
わたしは海 相原友子
1979 マー姉ちゃん 熊谷真実,田中裕子
鮎のうた 山咲千里
1980 なっちゃんの写真館 星野知子
虹を織る 紺野美沙子
1981 まんさくの花 中村明美
本日も晴天なり 原日出子
1982 ハイカラさん 手塚理美
よーいドン 藤吉久美子
1983 おしん 小林綾子,田中裕子
1984 ロマンス 樋口可南子
心はいつもラムネ色 藤田美和子
1985 澪つくし 沢口靖子
いちばん太鼓 三田寛子
1986 はね駒 斉藤由貴
都の風 加納みゆき
1987 チョッちゃん 古村比呂
はっさい先生 若村麻由美
1988 ノンちゃんの夢 藤田朋子
純ちゃんの応援歌 山口智子
1989 青春家族 清水美砂
和っこの金メダル 渡辺梓
1990 凛々と 荻野目洋子
京、ふたり 畠田理恵
1991 君の名は 鈴木京香
1992 おんなは度胸 桜井幸子
ひらり 石田ひかり
1993 ええにょぼ 戸田菜穂
かりん 細川直美
1994

1995
ぴあの 純名里沙

春よ、来い

安田成美、中田喜子
走らんか! 菅野美穂,中江有里
1996 ひまわり 松嶋菜々子
ふたりっ子 三倉茉奈,佳奈,菊池麻衣子,岩崎ひろみ
1997 あぐり 田中美里
甘辛しゃん 佐藤夕美子
1998 天うらら 須藤理彩,桜井幸子
やんちゃくれ 小西美帆,高田聖子
1999 すずらん 柊瑠美,遠野凪子,山田まりや
あすか 竹内結子,佐藤仁美
2000 私の青空 田畑智子,松尾れい子
オードリー 岡本綾,井元由香
2001 ちゅらさん 国仲涼子,菅野美穂,山口あゆみ,
小西真奈美
ほんまもん 池脇千鶴
2002 さくら 高野志穂、長澤まさみ
まんてん 宮地真緒、永井流奈
2003 こころ 中越典子,黒川智花,小池栄子
てるてる家族 石原さとみ、上原多香子

今回の「おまけ」はNHK朝の連続テレビ小説の第1回から最新の「てるてる家族」までの一覧表です。タイトルを見ながら思い出してください。


めでたく?終わった「こころ」のポスター

 

<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp