I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



十三


 十三と書いて「じゅうそう」と読む。大阪市淀川区、梅田から淀川を渡った向こう岸の盛り場である。なぜ十三なのか。淀川区のHPには、十三の由来は西成郡の起点飛田(今の阿倍野)から古代の条里制で6町を一条と数えて、十三条にあたるので十三になったとも、淀川の渡しで上流から13番目の船着場があったからとも言われているとある。
 阪急電車は十三を分岐点に京都線、宝塚線、神戸線が分かれており、梅田〜十三間は、この3線が並走している。「鉄道『歴史・地理』なるほど探検ガイド」(PHP研究所、川島令三・岡田直編著)によると、明治末期にまず宝塚線が開通、次いで大正9(1920)年に神戸線が完成して、同15年には宝塚線と神戸線が分離され、梅田〜十三間が複々線となった。さらに、昭和18年に京都線の梅田乗り入れが実現したが、梅田〜十三間は宝塚線との共用が長く続き、やっと同34年に淀川に新しい橋を掛け、3複線化された。
このため、例えば宝塚や池田あたりから京都線方面に行く時や、京都線から神戸線への乗り換えには十三は重要なターミナルだが、梅田から3方向に行く人や京都、宝塚、神戸方面から梅田に来る人にはあまり関係がない駅となっている。そのせいか、私はかつて大阪で10年勤務していたが、その間に2〜3回ぐらいしか十三に行ったことがなく、結構大きな盛り場があるのに、「キタの外れの酒場通り」という場末のイメージが強い。阪急だけのターミナルで、JRから遠く、地下鉄がないというのも弱みとなっているようだ。
 駅周辺には武田薬品の大きな工場や、大阪府立では随一の名門といわれる北野高校もある。しかし、何と言っても目立つのは歓楽街だ。かつて十三を訪ねたのは、競馬に凝っていたころで、近くにある競馬新聞社で週刊競馬雑誌のバックナンバーを購入するためだった。こういうと失礼かもしれないが、競馬新聞社が似合う庶民的なまちである。


十三駅神戸線ホームの駅名表示板

十三駅東口は、なぜか駅名よりも阪急電車の看板の方が大きい

十三駅西口には「十三焼」などと書いた看板も

十三西口から近い府立の名門・北野高校正門
<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp