I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



二十世紀


 二十一世紀もいつの間にか4年目の終盤に入ってきた。数年前、二十世紀終了を前に、「二十世紀が終わると、例えば『20世紀フォックス』といった会社名はどうなるんだろう?『二十世紀梨』は『二十一世紀梨』に名前を変えるのだろうか」などとつまらぬことを考えたことがある。実際にはそんなことはないわけで、平成の世になっても「明治製菓」
「大正製薬」「昭和女子大」その他元号が入った名前が「平成〜」に変わった話は聞いたことがないのと同じである。もちろん「二十世紀梨」は今も「二十世紀梨」である。
 二十世紀梨といえば鳥取砂丘をすぐ連想するが、意外なことにそのふるさとは千葉県松戸市である。鳥取二十世紀梨記念館のホームページなどによると、1888(明治21)年に、松戸市に住む当時13歳の松戸覚之助が親類宅の裏庭のゴミ捨て場に生えていた小さな梨の木を偶然発見し、父が経営する梨園に移植して育て、10年目の1898年に結実したというから、「桃栗3年柿8年」より気の長い話である。この梨が形も薄緑の色も美しく、食べると口にカスが残らず、甘くて多汁という、それまでにない味だったので、札幌農学校(後の北大農学部)でクラーク博士の指導を受けたわが国初の農学士・渡瀬寅次郎が「二十世紀に王座を成す梨になるだろう」との願いを込めて命名したという。松戸には梨畑のあとに出来た住宅地があり、梨にちなんで「二十世紀が丘」と命名されている。
 その「二十世紀」の苗木10本を、鳥取市の北脇永治という人が1904年に松戸から購入したのが鳥取県の「二十世紀梨」史の始まりで、今年は100周年である。
 私は、ラフランスなどの洋梨も、赤梨といわれる豊水、幸水、長十郎も嫌いではないが、やはり断然おいしいのは、歯ざわりがよく、瑞々しくて甘さに切れ味のある二十世紀だと思う。ここだけの話だが、二十世紀なら、酸っぱい芯の部分まで残さず食べてしまう。

 


二十世紀梨誕生の地周辺の松戸二十世紀が丘は、JR松戸駅の南東2キロほどのところだ
(昭文社都市地図より)

<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp