I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



ゴーヤ(58)

 58にまつわる話はなかなか見つからない。ギネスブックにも「定期便を使い、地球の反対側の2つの空港を経由する世界一周早回り記録=58時間44分」と、「6000m以上のコースでのゴルフ1ラウンド最短ストローク記録=58」しか出てこない。ということで、やむなく今回は語呂合わせとなった。ゴーヤ即ちニガウリの話である。
  といっても、ゴーヤから58を連想するのは私だけの発想ではない。ゴーヤといえば沖縄となるが、JA沖縄は「ゴーヤー王国」というHPを開いており、「5月8日はゴーヤーの日です」と宣伝しており、「ニュース23」ならぬ「ニュース58」コーナーもある。
  我が家の食卓にゴーヤが乗るようになったのは、そう古いことではなく、あの人気ドラマ「ちゅらさん」が始まった2001年のことだと思う。それより前にも沖縄料理の店で「ゴーヤチャンプル」を食べたことはあるが、そもそも「ちゅらさん」が始まるまでは、ゴーヤ自体が東京の八百屋さんやスーパーの店頭にほとんど出なかったような気がする。
 「ゴーヤー王国」のレシピでは、材料はゴーヤと沖縄独特の島豆腐、ポークランチョンミート、それに卵で、炒めて卵でとじるだけの至って簡単な料理だ。我が家ではゴーヤに豚肉の薄切りと普通の木綿豆腐、さらに白菜などをまとめて炒めていた。ゴーヤの苦味がアクセントになって、一度食べると何度でも食べたくなる味である。
 「ちゅらさん」「ゴーヤ」といえばもう一つ忘れられないのが、「ゴーヤマン人形」である。国仲涼子扮する恵里の兄で寅さんのような風来坊の恵尚(ゴリ)が考案したが全く売れず在庫の山となっている人形という設定だが、私はテレビでひと目ぼれしてNHKショップなどを探し回り、やっと大宮の駅ビルで見つけた。「ちゅらさん」が始まって間もないころのことである。そのゴーヤマン人形は今も私の携帯ストラップについている。


沖縄名物?ゴーヤ

私の携帯ストラップにはトラッキー、ドラえもんと一緒にゴーヤマンがついている=右は車のマスコット用の大型?ゴーヤマン
<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp