I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



31号

 まず右の写真を見ていただきたい。和歌山電気軌道から南海電鉄和歌山軌道線となり、和歌山国体開催の1971年に全面廃止された通称「市電」の車両の中でも最も古いタイプであった「30型」の「31」車両である。
 私は和歌山大附属小学校に通っていた時、「市電」を毎日利用し、いつも運転席の後で乗務員の運転操作を見ていたので、懐かしい思い出がたくさんある。トンボ社刊の「阪堺電軌・和歌山軌道線」(小林庄三著)によると、「31」など30型電車は、「市電」が最初に部分開通した1909(明治42)年当時から走っていた型式を戦後改造したものだそうだ。台車もなく、車輪が4つという貨車のような単純な構造で、かまぼこの断面のような正面の額の部分にライトが一つというのが特徴。子ども心に「やさしい顔をした電車」というイメージが残っている。運転席の右にバスのステアリングのような形をした古めかしい大げさなブレーキがついていた。電車を止める時はこれをグルグル回すのである。
 当時は30型以外に60型、100型、200型、300型、500型があり、100型までは車輪4つ、あとは前4輪、後4輪のボギー台車形式だった。ユニークだったのは高床式の500型で、運転席と客席の間に段差があり、天井も他車よりずっと高かったので、海南市に抜ける毛見トンネルを通れず、海南駅前行きには500型が使えなかった。
 1954年に1000型、60年には2両つなぎの2000型、南海電鉄への合併をはさんで、63年に321型と新型車が順次導入され、これと並行して三重交通から700型が13両払い下げられた。電車改良も進み、30型以外の車両は65年までに全部パンタグラフに切り替えられたが、30型はこの段階でほとんど廃車となったため切り替えられず、和歌祭の花電車用に?残された37号は最後までポール式だった。



和歌山「市電」の路線図(黒の線)小さな緑字が停留所名
右上の写真は今もバス停に「車庫前」の名を残す、市電車庫跡付近。左下の写真は廃線後遊歩道となった浜の宮停留所付近の電車専用敷地跡。

<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp