I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



C62

 わが国最後で最大のSLすなわち蒸気機関車であるC62は通称「シロクニ」という。D51型SLの愛称「デゴイチ」ほど有名ではないが、「シロクニ」もSLファンなら誰もが知っている。SLを知らない世代のために説明するが、CとかDは機関車の動輪の数(片側分)を示している。Cは動輪が3つで主に客車用、Dなら4つで貨物列車用だった。動輪の数をアルファベットで示すのは電気機関車も同じで、EF65なら数字の前のFが動輪6つを意味している。ちなみに、頭のEは電気機関車(electric-locomotive)のEだ。
 第二次世界大戦が終わるまで、主に軍需物資輸送用に旧国鉄の技術の粋を集めて次々製造されたSLだが、戦後は占領軍の政策で新造が認められなかった。そこで、大量に余っていたデゴイチやD52など貨物用の機関車の改造という名目で、1948年から客車用SLが製造された。デゴイチを改造したのが主に東北や九州で走ったC61で、C62は、D52の大型ボイラーを転用し、戦前の特急用SLで直径1750mmという最大の動輪を持つC59を基に車体を設計して東海道・山陽本線の幹線特急用に49両製造された。
 私が物心ついて初めて東海道線の特急「はと」に乗った時は、まだ浜松以西はSL区間だった。その後、名古屋、米原と電化区間が延長され、1956年11月にようやく全線が電化された。それまでは途中駅でEF58型電気機関車からバトンタッチしたC62が「つばめ」や「はと」を大阪まで牽引していた。機関車交換の駅では5分ぐらい停車するので、ホームに下りてC62を見に行き、大きな動輪に驚いたのも懐かしい思い出だ。
 C62の大きな特徴は、助手がスコップで炭水車からボイラーに運んでいた戦前のSLと違って石炭をボイラーに送る自動給炭機が装備されていたことだ。この自動給炭機をストーカーというが、つづりはstokerで、いま問題のストーカー(stalker)とは無関係だ。
<新年おめでとうございます。今年も惰学記数字シリーズは延々と続く予定です。よろしくお願いいたします>

<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp