明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


六甲おろし

 阪神タイガースファンならずともご存知かと思うが、「六甲おろし」は厳密に言えば曲名ではなく、正式には「阪神タイガースの歌」である。ただ、最近リリースされたCDでは曲名を「六甲おろし」と表示し、後に「〜阪神タイガースの歌〜」と付け加えていることが多い*1ので、「ろ」で取り上げても間違いではなかろう。タイトルが「ろ」で始まる歌は実は決して少なくないので、新シリーズ2回目からネタに困ったわけではない。あえてこの曲を選んだのは、低迷しているタイガースに「喝」を入れたい気持ちからである。
 「六甲颪に颯爽と」で始まるこの曲は、タイガースが発足した1935年末に「大阪タイガースの歌」として作られた。現在ある日本プロ野球チームの球団歌としては最も古い。当時の歌詞の末尾は、「オウ!オウ!オウ!オウ! 大阪タイガース フレー、フレー、フレー」で、「オウ」は大阪の「オー」だったのだが、1961年の球団名変更に伴い、「オウ!オウ!オウ!オウ! 阪神タイガース」となり、「オウ」はただの叫び声になってしまった。
 作詞は「人生の並木道」「青い背広で」「人生劇場」「湖畔の宿」など戦前の古賀メロディー歌謡曲を多く作詞した佐藤惣之助で、作曲は「若鷲の歌」「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」「とんがり帽子」「フランチェスカの鐘」「君の名は」「黒百合の歌」「高原列車は行く」「モスラの歌」などの古関裕而である。古関は読売巨人軍の球団歌「闘魂込めて」や夏の高校野球のテーマ曲「栄冠は君に輝く」、東京五輪の「オリンピック・マーチ」も作曲している。
 私と「六甲おろし」の出合いは、新聞社の奈良支局に赴任した1971年のことで、出勤前に朝日放送ラジオの「おはようパーソナリティ 中村鋭一*2です」で、阪神が勝って上機嫌の鋭ちゃんがこの曲を流したのを聞いたのが始まりである。32年前の1977年に道上洋三が番組を引き継いだが、今も阪神が勝つと「六甲おろし」となるのは変わらない。

<注>タイトルが「ろ」で始まる曲は、ロックンロール・ウィドウ(山口百恵)、ロックンロール県庁所在地(森高千里/ミニモニ)、ロンリーチャップリン(鈴木雅之・鈴木聖美)、ローマの雨(ザ・ピーナッツ)、ロビンソン(スピッツ)、六本木純情派(荻野目洋子)、六本木心中(アン・ルイス)、ろくなもんじゃねえ(長渕剛)、ロマンス(岩崎宏美)、ロッヂで待つクリスマス(松任谷由実)、ロード(虎舞竜)、浪漫飛行(米米クラブ)、ROSA(中山美穂)、ROCK‘N ROUGE(松田聖子)、ロマンスの神様(広瀬香美)など、国産の歌だけでもかなりある。洋楽では、ローハイド(フランキー・レーン)、ロコモーション(リトル・エヴァ)が懐かしい。

*1 1980年の立川清登、85年の道上洋三、93年の唐渡吉則、94年のオマリー、08年の冠次郎などのCDやレコードは「六甲おろし」がタイトルとなっている。
*2 中村鋭一(1930〜)は滋賀県生まれ、同志社大学から朝日放送のアナウンサーとなり、71年から「おはようパーソナリティ 中村鋭一です」のホストを務めた。77年に退社し政界に打って出て、様々な政党を転々としながら参院議員2期、衆院議員1期を務めた。

<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url