明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


ポパイ・ザ・セーラーマン

 子どものころ、日曜日の午後7時半は「ポパイ」の時間だった。水兵姿のポパイは小男だが、ほうれん草を食べると一気にパワーアップし、「誰にも負けない力持ち」になる。ガールフレンドのオリーブ・オイルをつけ狙う大男のブルートにいつも窮地に追い詰められるが、危機一髪の時にほうれん草の缶詰が手に入り一気に形勢逆転、最後はポパイが勝って「めでたしめでたし」の他愛ないテレビアニメである。アメリカでは、ほうれん草嫌いの子どもに、ほうれん草を食べさせるための「キャンペーン」に使われた漫画だという。
 昔はテレビ番組のスポンサーといえば1社提供が普通で、ハリスチューインガムの「名犬リンチンチン」、ミツワ石鹸の「名犬ラッシー」、ライオンの「スーパーマン」などが懐かしい*。「ポパイ」を提供していたのはお菓子の不二家で、番組は冒頭から楠トシエのにぎやかなテーマソングで始まった。「♪クルクル目玉のポコちゃんと ふっくらほっぺのペコちゃんの 楽しい不二家の時間です アメリカ漫画を見ましょ ♪ポーパイ・ザ・セーラーマン ポーパイ・ザ・セーラーマン いい人なんです 優しい人です ♪だれにも負けない力持ち ♪二つのおめめ 両方のほっぺ ポコちゃんペコちゃんと おんなじね」。今でも歌詞とメロディーがすぐ浮かぶほどインパクトの強いテーマ曲だが、「二つのおめめ 両方のほっぺが同じ」なのは当たり前で、子ども心に歌詞の強引さにあきれた覚えがある。
 ところで、ポパイには別にオリジナルのテーマ曲がある。「I’m Popeye the sailorman I’m Popeye the sailorman I eat the spinach an’ fight the finish  Popeye the sailorman」とポパイがダミ声で歌い、あとに「ポッポー」と汽笛の音が入る誰でも知っている曲で、最近も高校野球応援のブラスバンドが演奏しているのを何度か聞いた。「狙い撃ち」や「サウスポー」「タッチ」などと並んで応援吹奏曲の定番になっているようだ。

曲名が「ポ」で始まる歌は当然ながら少ない。ポーラースター(八神純子)、ポケット(大塚愛)、ポケットいっぱいの秘密(アグネス・チャン)ポケット・トランジスタ(森山加代子)、ポカン・ポカン(梓みちよ)、ポリュシカ・ポーレ(仲雅美)ぐらいしか浮かんでこない。

*「名犬リンチンチン」では、スポンサーのために主人公のラスティ少年が「ラスティ・ハリス」という名前になっていた。他の一社提供番組で懐かしいのは、三菱電機の「プロレス中継」と「ディズニーランド」、ダイハツの「やりくりアパート」、オロナイン軟膏の「頓馬天狗」、森永製菓の「少年探偵団」、ベルマン化粧品からナイガイに変わった「ザ・ヒットパレード」、そして東芝日曜劇場などだ。調べてみると、現在でも一社提供のテレビ番組は、「水戸黄門」などの松下電器「ナショナル劇場」、サントリー「チューボーですよ」、ライオンの「ごきげんよう」、ロート製薬「SMAP×SMAP」(前半のみ)、シオノギ「ミュージックフェア」、出光興産「題名のない音楽界」、資生堂「おしゃれイズム」など結構ある。




<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url