明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


番外・あなたに夢中

 都合で惰学記が続くことになった。「ふ」で曲名が始まる歌の番だが、「スーちゃん」こと元キャンディーズの田中好子さんの突然の訃報を聞き、異例の番外編とさせてもらう。
 「ラン」こと伊藤蘭(1955年1月13日生まれ)、「ミキ」こと藤村美樹(56年1月15日)と「スー」(56年4月8日)のキャンディーズはスクールメイツ*1出身で、73年9月に「あなたに夢中」でレコードデビューした*2。年齢では約3歳上だが、桜田淳子や山口百恵と同期である。私が新聞社の駆け出し記者で、奈良支局に勤務しているころのことだ。
 曲がヒットして彼女たちがブレークしたのは75年2月リリースの5枚目のシングル「年下の男の子」からで、以後、15枚目の「アン・ドゥ・トロア」まではずっとランがメーンボーカルだった。だから、キャンディーズは最初からランがセンターだったと思っている人もいたかもしれないが、「あなたに夢中」など初期の4枚はスーがセンターだった*3。スー中心で伸び悩んだため、プロデューサーが意を決し、「年下の〜」からランをメーンに切り替えて大当たりとなったのである。実は私はちょっと太めでイモっぽいけど、控えめで指のきれいな「スー派」だったので、ランがセンターになった時ショックを受けた*4。
 「普通の女の子に戻りたい」という名文句を残して78年4月にキャンディーズが解散してから33年、田中好子は女優として活躍し、89年には映画「黒い雨」で日本アカデミー賞主演女優賞など賞を総なめにした。91年に小達一雄さん*5と結婚後も、「家なき子」の母役や「ちゅらさん」の堺正章の妻役など、シリアスな演技からコミカルな役までこなし存在感を発揮していたが、結婚直後に見つかった乳がんを隠して20年近くも「普通の女」を演じ続けていたことを今回初めて知り、頭が下がる。まだ55歳になったばかりという早すぎる死。葬儀の最後に流された彼女自身による別れのあいさつには泣かされた。合掌。

*1 スクールメイツは当時全盛の渡辺プロダクションが次代を担うスター育成のため始めた東京音楽学院の生徒の選りすぐりのメンバーを選んで結成したバックコーラスで、布施明や森進一も初期メンバーだった。キャンディーズはユニット結成のオーディションで選ばれ、72年にNHKの「歌謡グランドショー」のアシスタント兼マスコットガールとして出演した。その後レコードデビュー前にTBSの「8時だョ!全員集合」にもレギュラー出演するようになった。
*2 「あなたに夢中」は山上路夫作詞、森田公一作曲、竜崎孝路編曲のなかなかいい曲だったが、オリコン36位どまりだった。ちなみにその年のレコ大最優秀新人賞は桜田淳子、新人賞は浅田美代子、安西マリア、あべ静江、アグネス・チャンで、キャンディーズはもちろん、山口百恵も選外だった。
*3 スーちゃんがセンターだった他の3曲は「そよ風のくちづけ」(オリコン39位)、「危い土曜日」(46位)、「なみだの季節」(40位)で、ランちゃんがセンターになった「年下の男の子」で初めてトップ10内の9位になった。以後、「内気なあいつ」 「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「春一番」「夏が来た!」「ハート泥棒」「哀愁のシンフォニー」「やさしい悪魔」「暑中お見舞い申し上げます」「アン・ドゥ・トロア」までがランちゃんがセンターで、「わな」はミキちゃんがセンターに立った。
*4 「なみだの季節」までのキャンディーズの映像は「8時だョ!全員集合」や、「口パクコンテスト」というコーナーから草川祐馬、川崎麻世らを生んだ日曜昼のバラエティー「プリン&キャッシーのテレビ!テレビ!」などの番組で見たが、スーちゃんがセンターで、ランちゃんは客席から見て左、ミキちゃんが右に立っていた。なお、解散前にリリースし、キャンディーズとしては初のオリコン1位を獲得した「微笑がえし」は彼女たちのヒット曲のタイトルを歌詞(阿木耀子作詞)に盛り込んでいるが、その中には「年下の男の子」より前の曲は入っていない。とすれば、16枚目の「わな」でセンターに立ったミキちゃんはいいとして、スーちゃんがセンターに立つ場面がないところだったが、2番の「何年たっても年下の人」のところで、スーちゃんがセンターに出る配慮が行われた。ただ、私はこの「配慮」をスーちゃんはどんな思いで受け止めただろうかと同情した覚えがある。
*5 小達一雄さんは白血病で早世した夏目雅子の兄で、元プロゴルファーの実業家らしい。





<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url