明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


木枯しに抱かれて

 キョンキョンこと小泉今日子は伝説のオーディション番組「スター誕生」出身で、「花の82年組」といわれる1982年デビューのアイドルである。デビュー同期生に松本伊代*1、堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、早見優、中森明菜、シブがき隊、伊藤かずえ、新井薫子、川上麻衣子、北原佐和子、松居直美、つちやかおり、坂上とし恵、太川陽介らがいる。
 この年のレコード大賞新人賞は石川秀美、シブがき隊、早見優、堀ちえみ、松本伊代の5組で、最優秀新人賞はシブがき隊だった。今から考えると不思議だが、中森明菜も小泉今日子も落ちたのである。翌83年の岩井小百合、大沢逸美、小野さとる、桑田靖子、最優秀新人賞THE GOOD-BYEと比べると、82年組がいかに粒ぞろいだったかがよくわかる*2。
 さて小泉今日子だが、新人賞を取れなかったのも当然で、デビュー年はシングル3枚*3をリリースしたがいずれも不発だった。彼女が売れ出したのは髪型やメークを変えて明るいイメージに変身して登場した翌年5月の「まっかな女の子」からで、この時私も「夜のヒットスタジオ」に登場した姿を見て「こんなに可愛かったんだ」と驚いた記憶がある。
 この後は歌で大活躍する一方、CMタレントや女優としても才能を発揮、映画では「空中庭園」でブルーリボン主演女優賞など、「グーグーだって猫である」「トウキョウソナタ」で芸術選奨文部科学大臣賞、キネマ旬報主演女優賞などを受賞した。読書家で文章上手でもあり、読売新聞読書面の書評を05年1月から担当し魅力的な紹介文を書いている。
 「木枯しに抱かれて」は彼女の20枚目のシングルで、片思いを歌ったバラードだ。自らの主演映画「ボクの女に手を出すな」の主題歌でもある。作詞作曲はアルフィーの高見沢俊彦、オリコンは最高3位だったが、87年度の年間ランク11位という息の長いヒットになった。カラオケで何度か挑戦したが、途中で曲の雰囲気が変わるので、難しかった。

*1 通常、レコード大賞など賞レースの年度対象となるのは前年の10月からその年の9月までの曲である。このため81年10月デビューの松本伊代も「花の82年組」に入る。
*2 81年度は◎近藤真彦、竹本孝之、祐子と弥生、山川豊、沖田浩之であった。なお、85年組も、おニャン子クラブ、中山美穂、本田美奈子、芳本美代子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、佐野量子、森口博子、石野陽子、網浜直子、工藤夕貴、松本典子ら、見方によっては82年組以上に豊作だったと言える。
*3 デビュー年にリリースしたシングルは「私の16才」「素敵なラブリーボーイ」「ひとり街角」の3曲である。83年2月の4曲目「春風の誘惑」から94年11月の「月ひとしずく」まで33曲連続でオリコントップテン入りした。うち「渚のハイカラ人魚」「迷宮のアンドローラ」「ヤマトナデシコ七変化」「スターダストメモリー」「常夏娘」「魔女」「なんてったってアイドル」「水のルージュ」「キスを止めないで」「見逃してくれよ」「あなたに会えてよかった」の11曲が1位になっている。


 ※曲名が「こ」で始まる歌は2000曲以上あるようだ。絞りに絞ったが、それでも多数をリストアップすることになったので、「恋」で始まる曲だけを分離して掲載、次回の「番外編」にその他の「こ」で始まる曲を載せることにした。
 恋(布施明)、恋(松山千春)、恋唄綴り(堀内孝雄)、恋をするなら、恋のメキシカン・ロック(橋幸夫)、恋心(岸洋子)、恋さぐり夢さぐり(クールファイブ)、恋しくて(BIGINなど)、恋しているんだもん(島倉千代子)、恋するカレン(大瀧詠一)、恋する夏の日、恋と海とTシャツと(天地真理)、恋の奴隷、恋泥棒、恋狂い(奥村チヨ)、恋に落ちて(小林明子)、恋の季節(ピンキーとキラーズ)、恋のしずく(伊東ゆかり)、恋のダイヤル6700(フィンガー5)、恋のダンスサイト(モーニング娘。)、恋のハレルヤ(黛ジュン)、恋のバカンス、恋のフーガ(ザ・ピーナッツ)、恋の街札幌(石原裕次郎)、恋の予感(安全地帯)、恋はじめまして(岡田有希子)、恋は神代の昔から(畠山みどり)、恋はみずいろ(森山良子)、恋人がサンタクロース(ユーミン)、恋人も濡れる街角(中村雅俊)、恋人よ(五輪真弓)、恋文(由紀さおり)



<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url