明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


番外・残酷な天使のテーゼ

 「ざ」の番外編で、「残酷な天使のテーゼ」について書く。敬称略をお許しいただきたい。
 高橋洋子が歌うこの曲はテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年10月4日〜96年3月27日=テレビ東京系)のテーマ曲として制作された。95年10月25日に発売され、ロングヒットして60万枚売れた*1。作詞は89年のレコード大賞受賞曲・Winkの「淋しい熱帯魚」や「愛が止まらない」の及川眠子、作曲は佐藤英敏、大森俊之が編曲*2した。
 「エヴァンゲリオン」人気はテレビ終了後も衰えず、劇場版の「シト新生」「Air/まごころを、君に」も公開され、「シト新生」のテーマ曲「魂のルフラン*3」は3位になった。「残酷な〜」の方は長く親しまれ、若い女性の定番カラオケ曲の1つとなって、着メロ・着うた、さらに2004年以後はパチンコ・パチスロにも「エヴァンゲリオン」が登場、中高年にも知られる曲となった。音楽著作権協会 (JASRAC)の著作権使用料分配額で07年度7位に入り、08年度は8位、09年度3位に上昇、10年度には総合1位のJASRAC金賞に輝いた。
 及川眠子は和歌山市生まれで、私と同じ和歌山大学附属中学校出身だ。作詞の間口は広く、CoCoの「横浜Boy Stile」、やしきたかじんの「東京」、庄野真代が歌った日本・トルコ友好のテーマ「誓い*4」などもある。和歌山市北部に今年開校した市立藤戸台小学校の校歌をお願いしたら「希望のしるし*5」という素晴らしい曲が生まれた。その縁で、彼女が金賞受賞を祝って開いたパーティーに私も招かれ、「和歌山市観光発信人」を彼女に委嘱した。この場で高橋洋子の生歌で「残酷な〜」を聞くことができたのは望外の喜びだった。
 この夏、高校野球県大会で紀三井寺球場に何度も足を運んだが、かなりの学校の応援ブラスバンドが、味方のチャンスにこの曲を演奏していた。「タッチ」「サウスポー」「狙い撃ち」などと並んで高校野球応援楽曲の定番となりつつあるようで、何となくうれしい。

*1 ウィキペディアの数字だが、95年発売分の売り上げ枚数と思われ、再発売や05年のリニューアル盤も含めるとミリオンに達しているといわれる。
*2 佐藤英敏は林原めぐみのアニメソングを多数作曲しており、大森俊之は作曲・編曲のほか、数多くのテレビ番組の音楽を担当した。
*3 「魂のルフラン」は「残酷な〜」と同じく歌・高橋洋子、作詞及川眠子のコンビで、作曲編曲は大森俊之だった。
*4 「飛んでイスタンブール」でトルコとつながりのある庄野真代の曲として、彼女とも親しい及川眠子が作詞した。120年余前、串本・大島沖で座礁・沈没したトルコの軍艦「エルトゥールル号」の生存乗組員を大島の住民が助けたことから続く日本とトルコの友情をベースにしている。なお、受賞パーティーの会場は庄野真代経営のライブハウスで、「飛んでイスタンブール」の生歌も庄野が披露した。
*5 作曲は及川眠子とも親しい「あなた」の小坂明子。校歌にタイトルがつくのは珍しいそうだ。






<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url