明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


みちづれ

 演歌歌手・牧村三枝子は、炭鉱の町だった北海道美唄市で1953年も押し詰まった12月21日に生まれた。子どものころから歌が上手で、炭坑労働者の酒宴などの場で歌ってはヤンヤの喝采を浴びる人気者だった*1。69年、中学卒業後すぐ歌手を目指して上京、原宿の釣り道具店で働きながら、明治公園近くのビクタースタジオの前で歌って、スカウトされるのを待った*2が失敗。その後、サンミュージック*3のオーディションに合格した。
 レコードデビューはそれから3年後の72年で、北海道から出てきた少女が都会の孤独と荒波にもまれながら生きていくという“自伝的”な歌「少女は大人になりました」だった。当時は話題になったが、その2年前に出た北原ミレイの「ざんげの値打ちもない」の二番煎じの感もあって*4ヒットせず、それから5年後、和田アキ子らが出演するバラエティー番組「うわさのチャンネル」*5に、すっかり大人の女にイメージチェンジして登場。いい加減な男に愛想を尽かすという「いち抜けた」を歌ったが、これも結局不発に終わった。
 そして翌78年、ついに彼女に日が射した。当時のレコード会社ポリドールの先輩で、彼女が尊敬してやまない渡哲也のアルバム曲だった「みちづれ」*6をカバーしてリリースしたところ、翌79年にかけて100万枚以上を売り上げるロングヒットとなったのである。以後、彼女は90年ごろまで毎年それなりのヒット曲を出し*7、紅白にも81〜84年の4回連続出場した。その後02年に肝硬変を患ったが、闘病の末05年には芸能生活に復帰した。
 復帰後、和歌山で開かれたミニコンサートで彼女が歌うのを聞きに行ったが、「何かリクエストありますか?」という彼女の質問に観客からわき上がった「みちづれ」という声に、「みちづれを歌ったらコンサート終わっちゃうよ。それでもいいの?」と切り返し、会場が笑いに包まれるなど、小気味のいい姉御という感じは健在で、楽しいひと時を過ごせた。

*1 昔何かの番組で本人がそう言っていたような記憶がある。
*2 この話は90年代に逸見政孝司会のトーク番組(多分「いつみても波瀾万丈」だと思われる)で本人の口から語られた。検索サイトで牧村三枝子の画像を検索すると、このトークのビデオが見られる。
*3 サンミュージックはバンドマン出身の相沢秀禎が68年に設立した芸能プロダクションで、森田健作・現千葉県知事、野村将希(真樹)らが草創期のタレント。牧村三枝子は72年に桜田淳子と同期でデビュー、80年代には松田聖子、早見優、岡田有希子、酒井法子らアイドルを続々デビューさせた。
*4 このことは当コラム「ざ」回「ざんげの値打ちもない」でも触れた。
*5 日テレ系金曜午後10時の人気番組(1973〜79年)で、和田アキ子のほか、せんだみつお、ザ・デストロイヤー、マギー・ミネンコ、山城新伍、タモリらが出演していた。ドタバタ劇の後「今月の歌」みたいなコーナーがあって、そこで77年ごろ、牧村三枝子が「いち抜けた」を歌っていた時期がある。
*6 「水にただよう浮草に おなじさだめと指をさす」で始まる「みちづれ」が、元々渡哲也のアルバムに収録されていた曲だったのは知られているが、ではそのアルバムのタイトルは何で、いつ出たのかは調べてもよく分からなかった。作詞者水木かおるや作曲した遠藤実の作品年表には「78年、みちづれ、牧村三枝子」とあるだけで、途方に暮れていたが、ある日行ったカラオケの店で、選曲する器械を使って1975年のヒット曲をたまたま検索していたら、「みちづれ 渡哲也」が出てきた。カラオケ機ってすごいですね。
*7 「みちづれ」以外では、夫婦きどり(79年)、あなたの妻と呼ばれたい(80年)、樹氷の宿(83年)、冬支度(84年)、夾竹桃(85年)、友禅流し(89年)、若狭の宿(91年)などが代表作と言える。


<題名が「み」で始まる曲> 見上げてごらん夜の星を(坂本九)、ミ・アモーレ(中森明菜)、ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜(B’z)、ミオ・アモーレ(平原綾香)、三日月(絢香)、みかん色の恋(ずうとるび)、みかん(大竹しのぶ)、岬めぐり(ウィークエンド)、ミス・ブランニューデイ(サザン・オールスターズ)、みずいろの雨(八神純子)、水色の恋(天地真理)、みずいろの手紙(あべ静江)、水割り(渡哲也)、魅せられて(ジュディ・オング)、味噌汁の詩(千昌夫)、みだれ髪、港町十三番地(美空ひばり)、道(EXILE)、みちのくひとり旅(山本譲二)、港が見える丘(平野愛子)、港・坂道・異人館(いしだあゆみ)、港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(ダウンタウン・ブギウギバンド)、港町涙町別れ町(石原裕次郎)、港町ブルース(森進一)、皆の衆(村田英雄)、南の花嫁さん(高峰三枝子)、ミニモニ。ジャンケンぴょん!(ミニモニ。)、耳をすましてごらん(本田路津子)、ミヨちゃん(平尾昌晃)、未来予想図U(ドリームズ・カム・トゥルー)



<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url