明日 I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

市民が主役

惰学記


ジン ジン ジングルベル

 「ジン ジン ジングルベル」は森高千里が95年12月1日にリリースした彼女にとって26枚目のシングルである。元はサントリーアイスジンのCM曲「GIN GINジングルベル」で、その年秋ごろからテレビで盛んに流れていた。「ジン ジン」はCM曲の歌詞を一部変えてクリスマス向けに売り出したもので、狙い通りオリコン2位まで上昇した。
 カプリング曲として「GIN GIN〜」が入っているほか、「年の初めの ためしとて」の歌い出しで有名な唱歌「一月一日」も収録されていた。彼女らしい遊び心ある選曲だ。
 森高千里といえば美脚とコスメを引っさげて、南沙織の「17才」のカバーでデビューしたという印象があるが、実は「17才」はデビュー2年後の89年5月に出した6枚目のシングルである。熊本市出身というのも厳密には不正確で、大阪生まれの熊本育ちだ*1。彼女の作る歌詞にユニークさと素直さとユーモアがあふれているのは大阪の血かもしれない。
 デビュー2年目、「ミーハー」という2作目のアルバム制作の時に、タイトル曲*2の作詞を手がけたことで、日常生活を切り取ったような作詞センスが注目され、以後ほとんどの森高楽曲は彼女自身の作詞となった*3。失恋歌の名曲「雨」(10枚目)をリリースした90年からは*4オリコンチャート上位の常連となり、96年11月の29作目「銀色の夢」まで6年間は、出したシングルのほとんどがベスト10入りした。ちなみに、売り上げベスト3は「二人は恋人(95年2月)」「気分爽快(94年1月)」「夏の日(94年5月)」である。
 「ジン ジン ジングルベル」は2010年暮れに佐々木希がカバーして話題になったが、後に「ミニモニ。」がカバーした「ロックンロール県庁所在地*5」や、城之内早苗が歌った演歌「酔わせてよ今夜だけ」などユニークなアルバム曲も多く、楽しく聞ける。江口洋介と結婚後はCM以外ほとんど姿を見なかったが、最近時々テレビに登場するのがうれしい。

*1 彼女は大阪府茨木市生まれで、幼少時に熊本市に転居した。九州女学院高1年の86年夏に「ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞、上京し、堀越学園に転校した。
*2 デビューは87年5月、「NEW SEASON」という曲だった。なお、アルバム「ミーハー」のタイトル曲は、アルバムリリースから1カ月後に「ザ・ミーハー」というタイトルで3曲目のシングルとして発売された。
*3 例外が最初のヒット曲「17才」だったのは皮肉だが、以後のヒット曲はすべて森高作詞である。
*4 正確には90年1月の「道/青春」(8枚目)からオリコン上位にランクされるようになっており、「銀色の夢」まで22枚のシングルでベスト10入りしなかったのは3曲だけで、2曲続けてランク外ということはなかった。その3曲に紅白初出場で歌った「私がオバさんになっても」が入っているのは不思議な感じがする。
*5 「ロックンロール県庁所在地」については惰学記50音シリーズ「ろ」回で書いた。


※「じ」で曲名が始まる歌は意外に多い=ジェ二・ジェニ(鈴木やすし)、ジェニーはご機嫌斜め(JUICY FRUTS)ジェンカ<Let’s Kiss>(坂本九)、時間よ止まれ(矢沢永吉)、時代(中島みゆき)、時代おくれ(河島英五)、自転車旅行(岡本敦郎)、自動車ショー歌(小林旭)、ジプシー・クイーン、十戒<1984>(中森明菜)、じゃあね(おニャン子クラブ)、十九の純情(石川さゆり)、十九の春(田端義夫など)、十五夜お月さん(童謡)、十五夜の君(小柳ルミ子)、十三夜(市丸)、十代の恋よさようなら(神戸一郎)、柔道一代(村田英雄)、17才(南沙織)、十七歳のこの胸に(西郷輝彦)、十七歳の地図(尾崎豊)、受験生ブルース(高石ともや)、ジュピター(平原綾香)、ジュリアに傷心(チェッカーズ)、ジュリアン(プリンセス・プリンセス)、純愛(片平なぎさ)、純愛(テンプターズ)、純愛ラプソディー(竹内まりや)、ジュリーがライバル(石野真子)、順子、純恋歌(長渕剛)、城が島の雨(唱歌)、情熱☆熱風 せれなーで(近藤真彦)、情熱の嵐(西城秀樹)、情熱の花(ザ・ピーナッツ)、女学生(安達明)、女学生(岡田奈々)、ジョニイへの伝言(ペドロ&カプリシャス)、じょんから女節(長山洋子)、ジングル・ベル(唱歌)、じんじんさせて(山本リンダ)



<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url