明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




スーダラ節

 先週、ザ・ピーナッツ、伊藤エミ*1の訃報を聞いてショックを受けた。1975年の引退後も伝説のデュオとして私も含め*2多くのファンがいた。謹んでご冥福を祈りたい。
 ところで、60年代にザ・ピーナッツと共に渡辺プロの屋台骨を支えたのがコミックバンド出身のハナ肇とクレージーキャッツ*3である。1961年6月から日テレ系でザ・ピーナッツとクレージーキャッツがレギュラーのコメディー番組「シャボン玉ホリデー」がスタート、歌の合間に出演者がコントを演じ、植木等の決め台詞「お呼びでない? こりゃまた失礼いたしました」で全員ズッこけるのが人気を呼び、11年余も続く長寿番組となった。
 「スーダラ節」は、「シャボン玉ホリデー」の構成と音楽を担当していた青島幸男*4と萩原哲晶*5が作詞作曲、クレージーのメンバーの中で抜群に歌がうまかった植木等がメインボーカルとなって61年8月20日にリリースされた彼ら初のシングルで、翌62年にかけて爆発的なヒットとなった。これがきっかけとなって植木が歌うサラリーマンものの曲が次々出され、特にシングル第2弾の「ドント節」(62年1月20日発売)は「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」という迷セリフで一世を風靡、62年3月15日には大映映画の「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねェ」、2ヵ月も経たない5月12日には「サラリーマンどんと節 気楽な稼業ときたもんだ」が公開される超売れっ子となった。
 その後、事情は分からないが映画は東宝製作に変わり、71年までに「無責任シリーズ」「日本一シリーズ」など30本が公開された。高度成長期に入って日本人の価値観に変化が生じ、汗水たらして働くより、よく言えば余裕で、悪く言えば気楽に世渡りしようという空気が生まれてきた時代の反映と言えよう。70年代になるとブームは去ったが、植木は90年に突如甦り、「スーダラ伝説」がオリコントップ10入りして*6紅白に64歳で出場した。
 
*1 1959年に「可愛い花」でデビューした愛知県出身の双子姉妹ザ・ピーナッツは、最初はポップスのカバーが多かったが、後半はオリジナルが多くなり、持ち前の歌唱力とハーモニーで多くのファンをつかんだ。オリジナルの代表曲は「振り向かないで」「恋のバカンス」「恋のフーガ」「大阪の女」など。テレビではフジテレビの「ザ・ヒットパレード」と本文に登場する「シャボン玉ホリデー」で活躍、シャボン玉ではコントにも積極的に挑戦した。映画では東宝の「モスラ」などで人気を集めた。伊藤エミは1975年に沢田研二と結婚(87年に離婚)、これを機にザ・ピーナッツは芸能界を引退し、マスコミに一切登場していない。
*2 いろは歌シリーズ「乙女の祈り」=2010年4月10日=にザ・ピーナッツのことは書いた。ちなみに私は彼女たちの出したシングル盤AB面の曲を網羅したCD全集を持っている。
*3  1956〜57年ごろ、ハナ肇(ドラム)をリーダーに、犬塚弘(ベース)、植木等(ボーカル、ギター)、谷啓(トロンボーン)、石橋エータロー(ピアノ)、安田伸(テナーサックス)の6人がこの名前でコミックバンドを形成した。フジテレビで59年3月にスタートした「大人の漫画」以後コント集団として人気が上昇し、60年に石橋が病気で休場し、代役として入った桜井センリ(ピアノ)が石橋復帰後も残って7人グループとして活躍した。クレージーの「顔」となった植木等(1926〜2007)は、キャラクターのイメージから無責任男の権化みたいに思われがちだが、実家は真宗大谷派の寺で、本人も東洋大学で僧侶になる勉強をしていた。自他共に認める真面目人間で、演じるキャラクターとは180度異なっていた。
*4 青島幸男は1955年早大商学部卒で、大学院在学中に放送作家の道を歩き始め、クレージーの「大人の漫画」を構成、「シャボン玉〜」も担当することになった。作詞家としてもクレージーの大半の曲や坂本九の「明日があるさ」などを手掛け、テレビに自らも出演、1967年からは長谷川町子原作の「意地悪ばあさん」などドラマにも進出し、人気タレントになった。68年の参院選に当時の全国区から出馬、石原慎太郎に次ぐ2位で当選、市川房江らの二院クラブで活躍する傍ら、日テレ系の「お昼のワイドショー」の司会者を11年担当した。参院議員を途中辞職と落選をはさみ5期24年務めた後95年の都知事選に立候補し、大方の予想を覆して当選、公約通り世界都市博覧会開催を中止したが、あとは何も実績を上げられず、1期4年で引退した。06年12月、74歳で死去した。
*5 萩原哲晶(1925〜84)は東京芸大卒業後1955年にはクレージーキャッツの前身であるキューバンキャッツのメンバーとなっていたが、後に作曲家活動に専念、クレージーのほとんどの曲を作・編曲しコミックソングを作らせたら右に出るものがいない鬼才と言うべき作曲家である。「エイトマン」「おくさまは18歳」などクレージー以外の作品も多く、編曲ではドリフの「いい湯だな(ビバノン・ロック)」、金沢明子の「イエローサブマリン音頭」などを手がけた。
*6 「スーダラ伝説」はスーダラ節に始まる植木のヒット曲メドレーで、90年に発売された。ウィキペディアによると、還暦を過ぎてオリコンチャートのトップ10入りした歌手は植木等が初めてだったという。植木の紅白出場は23年ぶり。なお、その後秋元順子(当時61歳)が「愛のままで…」で2008年7月と12月にオリコン1位になっている。
 
<曲名が「す」で始まる歌>スカーレット(スピッツ)、姿三四郎(姿憲子)、好きさ好きさ好きさ(カーナビーツ)、好きだった(鶴田浩二など)、好きになった人(都はるみ)、すきま風(杉良太郎)、スキャンダル(テレサ・テン)、スキャンダル・愛の日々(山口百恵)、好きよ!キャプテン(リリーズ)、過ぎ去りし日々(ALFEE)、スク・スク(ザ・ピーナッツ)、少しは私に愛をください(小椋佳)、すごい男の唄(三好鉄生)、スシ食いねェ(シブがき隊)、鈴懸の径(灰田勝彦)、すずめ(増田恵子)、すずめの学校(童謡)、すずめの涙(桂銀淑)、スターダスト・トレイン(石川秀美)、スターダスト・メモリー(小泉今日子)、素敵なメモリー(ジョニー・ソマーズ)、素敵にシンデレラ・コンプレックス(郷ひろみ)、捨てられて(長山洋子)、ストロボ(広瀬香美)、素直に言えなくて(ZARD)、砂に消えた涙(弘田三枝子など)、砂山(唱歌)、スニーカーぶるーす(近藤真彦)、昴(谷村新司)




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url