明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




ズンドコ節

 「スーダラ節」の次が「ズンドコ節」では芸がないが、お許しいただきたい。「アキラのズンドコ節」「ドリフのズンドコ節」「きよしのズンドコ節」と、何度もリメークされて歌い継がれてきた歌である。ウィキペディアによると、元々は戦時中海外に送られた兵士たちが、軍隊生活のつらさを紛らすために歌った「兵隊節」の一つで、作詞作曲者は不詳だ。終戦直後の1945年ごろ、復員兵によって「海軍小唄*1」の名で世間に広まったようだ。
 2年後の1947年、田端義夫が「ズンドコ節(街の伊達男)」としてヒットさせ、この時「ズンドコ節」というタイトルが初めてつき、以後その名が定着した。田端義夫はその2年後にも安城美智子とのデュエットで別バージョンの「ズンドコ桜」をリリースしている。
 小林旭は1956年に日活で映画デビューし、石原裕次郎の「タフガイ」に並ぶ「マイトガイ」として「渡り鳥シリーズ」などで売り出した。58年に歌手デビュー、2枚目のシングル「ダイナマイトが150d*2」がヒットし、歌手としても活躍を開始した。60年3月に映画「海から来た流れ者*3」の主題歌として、兵隊節の一つである「ダンチョネ節」を発売、6月にシリーズ第2弾「海を渡る波止場の風」の挿入歌として「アキラのズンドコ節」を「鹿児島おはら節」のB面で出したところ、ズンドコの方が当たった。このズンドコは歌詞が男女の恋物語に変わり*4、遠藤実の手で新しいメロディーが付け加えられている。
 それから9年後の69年11月に「ドリフのズンドコ節*5」が大ヒットした。80万枚を売り上げ、70年の年間2位になった。今の40〜50代はドリフでこの曲を初めて知った人が大半だ。そして02年、氷川きよしが「きよしのズンドコ節*6」を出した。演歌としては異例のオリコン5位まで上昇した。メロディーは現代風にアレンジされているが、「アキラのズンドコ節」に似ており、水森英夫作曲*6と堂々と書くほどの独創性は感じられない。
 
*1 HP「二木紘三のうた物語」などによると、海軍小唄の歌詞は以下の通りである。
 1.汽車の窓から手をにぎり 送ってくれた人よりも ホームの陰で泣いていた 
  可愛いあの娘が忘られぬ  トコズンドコ ズンドコ(この部分繰り返し)
 2.花は桜木人は武士 語ってくれた人よりも 港の隅で泣いていた 可愛いあの娘が目に浮かぶ
 3.元気でいるかと言う便り 送ってくれた人よりも 涙の滲む筆の痕 いとしいあの娘が忘られぬ
*2 題名は正式には「ダイナマイトが百五十屯」だった。
*3 「海から来た流れ者」は「渡り鳥シリーズ」と並ぶ小林旭の「流れ者シリーズ」第1作で、流れ者の野村浩次(小林旭)がギターを弾きながら「ダンチョネ節」を歌って登場、ヒロイン浅丘ルリ子を襲う悪い奴をやっつけるという話である。その第2弾が「海を渡る波止場の風」で、野村浩次がギター片手に「ズンドコ節」歌って登場、襲われたヒロイン浅丘ルリ子を救うところから話が始まる。浅丘の役名が異なリ、アキラの歌が変わるだけで定番の筋書きが繰り返されている。
*4 西沢爽が作詞した。
*5 補作詞なかにし礼となっており、元歌の海軍小唄の歌詞が随所に取り入れられている。皆川おさむ「黒ネコのタンゴ」などに阻まれてオリコンチャートの1位は取れなかったが、長く上位を占めた。売り上げ枚数はオリコン調べ。
*6 歌詞がやや古風でメロディーは現代風というミスマッチと、当時人気絶頂の氷川きよしということが受けたようだが、他の「ズンドコ節」と聴き比べると、補作詞、補作曲ではなく、松井由利夫作詞、水森英夫作曲と書かれているのは、ちょっとオーバーに思える。
 
<曲名が「ず」で始まる歌>ずいずいずっころばし(童謡)、ずっと好きでいいですか(松浦亜弥)、ズルい女(シャ乱Q)、ずっとあなたが好きでした(坂本冬美、ビリーバンバン)




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url