明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




和歌山ブルース

 このシリーズも番外編を含め全78回書いてきたが、「何か1曲お忘れじゃあござんせんか」という声が聞こえてくる気がする。和歌山市のご当地ソング「和歌山ブルース」を取り上げていないのが気になって仕方がないのである。そこで、「わ」の番外編*1を書く。
 「和歌山ブルース」を44年間歌い続けた古都清乃さんは実は群馬県太田市出身*2で、元々和歌山には無縁だった。1965年、18歳で作曲家・吉田正に弟子入りしてレコードデビュー*3、デビュー4年目の68年9月に8枚目のシングルとして「串本育ち」を出した。
 よくある話だが、「和歌山ブルース」(吉川静雄作詞、吉田正作曲)はそのB面で、もちろん最初は「串本育ち」の方が有名だったが、和歌山市を中心にじわじわと「和歌山ブルース」が浸透、発売から11年も後の1979年、九州で火がつき、大阪の有線放送にリクエストが相次ぎ始め、ラジオ、テレビにも広まったという。一説*4には、住友金属和歌山製鉄所には九州出身の職員が多く、彼らがこの歌を覚え、里帰りして広めたといわれる。
 こうして歌い継がれること44年、今や「ご当地・歌謡ブルースランキング」の7位*5を占める「和歌山ブルース」は、地元には音の出る歌碑や「ミュージアム」もできる*6ほど定着しており、古都さんも「第二の故郷」との思いで毎年必ず和歌山市を訪れている。
 吉田正の生地である茨城県日立市に吉田正記念館があり、昨年は3月12日まで「古都清乃展」が開催されていた。私も古都さんの誘いを受け、本当なら最終日12日のリサイタルに行くところだったが、どうしても日程の都合がつかず3月6日に訪問した。駅まで彼女が迎えてくれて記念館を案内していただいたが、その5日後が東日本大震災である。東北に近く海沿いの日立も被害は大きく、彼女は11日に日立入りしたものの、余震の続く寒さと恐怖の一夜を明かし、結局公演は中止となった。12時間かけて東京に戻ったという。
×     ×     ×
なお、次回からは「歌シリーズアルファベット編」をお届する。
 
*1 「わ」回では「若いってすばらしい」を取り上げた。この曲は最近もミッツ・マングローブがカバーして注目されており、その時は当然の選択だったのだが、「和歌山ブルース」を入れないでこのシリーズを終えるわけにもいかないと思って最後に持ってきた。私もカラオケで数え切れないほど何度も歌ったことがある。
*2 本人が何かの番組で実は栃木県出身だと言ったという話があるが、太田市と栃木県足利市とは隣同士で、境目もよく分からないので、そういうこともあるかなと思う。
*3 日本ビクター所属の大御所作曲家・吉田正はフランク永井や橋幸夫はじめ多勢の歌手を門下生として育てており、特に古都清乃はデビュー2年目に自宅が火事で焼け、以後吉田正帝に住み込んで内弟子生活を送ったことから吉田夫妻と縁が深い。デビュー曲は「初恋笠」だったが、2枚目のシングル「潮来育ち」以後、いわゆるご当地ソングが多くなり、和歌山関連の歌も「和歌山ブルース」「串本育ち」以外に「根来の子守唄」「和歌山慕情」など多数発表している。なお、岐阜のご当地ソング「長良川夜曲」も長く歌っており、最初のリリースから28年後の95年に日本有線大賞音楽賞を受賞した。
*4 和歌山市中央商店街連合会所属「和歌山ブルース歌碑プロジェクト」の川ア博史代表から聞いた話である。
*5 第一興商調べの年間カラオケ利用ランキング「今も歌われるご当地歌謡ブルース」部門では1位=宗右衛門町ブルース(大阪)2位=新潟ブルース(新潟)3位=柳ヶ瀬ブルース(岐阜)4位=城ヶ崎ブルース(伊東)5位=島のブルース(奄美)6位=伊勢佐木町ブルース(横浜)7位=和歌山ブルース(和歌山)8位=東京ブルース(東京)9位=長崎ブルース(長崎)10位=思案橋ブルース(長崎)
*6 和歌山市の中心部、「和歌山ブルース」にも歌われるぶらくり丁の一角にレコード盤ふうの円形歌碑が2004年5月に建てられた。除幕式には私も出席し、古都さんの故郷群馬県からもバスツアー客が訪れた。歌碑は近づくと自動的に「和歌山ブルース」が流れる仕組みになっている。「ミュージアム」は歌碑に程近い中ぶらくり丁商店街の店の2階にあり、*4でも登場した川ア博史代表が仕切っている。


和歌山市の中心部、元寺町の大門川べりに立つディスク盤ふうの「和歌山ブルースの碑」


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url