明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Cinderella Summer(シンデレラサマー)

 「C」の番外編として、石川優子の「Cinderella Summer」について書くことにする。
 私が毎日新聞大阪本社で整理記者をしていた1981年夏ごろ、TBS-MBS系の当時の看板番組「ザ・ベストテン*1」の生中継が大阪本社で行われ、石川優子が編集局内を移動しながら歌ったことがあった。79年レコードデビュー*2の彼女が81年3月に自ら作詞作曲して出した7枚目のシングル「シンデレラサマー*3」が当たり、「ザ・ベストテン」では7週連続チャート入りした。その何週目かに毎日新聞社からの中継となったのである。
 「ザ・ベストテン」は木曜午後9時スタートの生放送で、東京・赤坂のTBSスタジオに、その週の10位までの歌手を集め、生で歌声を聴かせるのが「原則」だが、スケジュールの都合で、国内各地(場合によっては海外も)からの中継で出演する歌手も多かった。
 石川優子は当時ラジオの深夜番組「MBSヤングタウン」の木曜日担当レギュラーだったため、TBSのスタジオに行くことができず、「シンデレラサマー」はMBS毎日放送があった千里周辺や大阪からの中継となった。そのロケ先が毎日新聞社に回ってきたわけだ。
 毎日新聞大阪本社は、1992年に西梅田に完成した新社屋に移転するまでは堂島*4にあり、81年当時の私たちの仕事場は築60年近い5階建の古いビルだった。エレベーターはビル竣工以来使われてきた手動式で、各階の床とフラットに止めるのに技術が必要な型式。金属製の折りたたみ式ドアは監獄のようだった。中継ではこのエレベーターに石川優子が乗るところも放映され、スタジオの黒柳徹子が「まあ、何てアンティークなエレベーター!」と感嘆?の声を上げた。私も含め、中継に立ち会った編集局の同人は思わず爆笑した。
 さて、石川優子といえば84年の「チャゲ&飛鳥」のチャゲとのデュエット「ふたりの愛ランド*5」が忘れられない。この歌で今まで何人の若い女性*6とデュエットしたことか。
 
*1 「ザ・ベストテン」は78年1月から11年9カ月続いたTBS系列の歌番組。久米宏と黒柳徹子が司会した85年4月までが黄金時代で、81年9月17日には最高視聴率41.9%を記録している。「シンデレラサマー」のころは大変な人気番組だったことが分かる。
*2 石川優子は78年のヤマハ第16回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会に出場し、翌年3月にレコードデビューした。余談だが、当時石川姓の人気女性歌手が多かった。石川さゆり、石川秀美(薬丸裕英の妻)、石川セリ(井上陽水の妻)、石川ひとみ、そして石川優子である。
*3 「シンデレラサマー」はJALの81年沖縄キャンペーンソングである。元々カタカナのタイトルだが、ABC編で取り上げるため無理やりアルファベットに直した。横文字で始まるタイトルの曲しか取り上げないという自分で決めたルールに反しているが、番外編ということで大目に見ていただきたい。ゴメンナサイ!
*4 毎日新聞社は現在堂島アバンザが立っている四ツ橋筋沿いの北新地に入る角の所にあった。堂島アバンザの玄関には、1922(大正11)年に建った毎日新聞大阪本社の旧社屋玄関の玄関ポーチがモニュメントとして設置されている。
*5 「ふたりの愛ランド」も84年のJAL沖縄キャンペーンソングだった。44万枚を売り上げる84年夏最大のヒットとなり、オリコン3位、「ザ・ベストテン」では2位まで上がった。なお、この曲の作詞はチャゲと松井五郎だった。
*6 私に比べると「若い」女性という意味である。誤解ないように。




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url