明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Danny Boy(ロンドンデリー・エア)

 ハリー・ベラフォンテやビング・クロスビーらが愛唱し、日本でも私の少年時代には江利チエミ、ジェリー藤尾、ザ・ピーナッツらがテレビで歌っていたスタンダード曲「ダニーボーイ」は、英国のフレデリック・ウエザリ(1848〜1913)が、アイルランド独立戦争に赴く息子の後ろ姿を見送る親の気持ちを歌った自作の詩をアイルランド民謡のメロディーにつけて1913年に発表したとされるが、原曲の「ロンドンデリー・エア*1」のメロディーがいつ誕生したのか不明で、ウエザリに曲を紹介した義理の妹の創作ではないかと疑う説もある。
 実は高校2年の時、私は音楽の授業の歌唱テストで「ダニーボーイ」を歌ったことがある。私は歌唱力には全く自信がなく、小中学校の音楽の成績は大体3、良くて4であった。だが美術や書道も同様にダメで、高校で芸術科目の選択に散々迷った末、美術を取ったものの、石膏のデッサンが全くできず、1年生の成績表は2という悲惨な結果に終わった。
 「こりゃアカン」と思って2年で音楽に鞍替えしたが、その年の1年生から指導要領が変わり、私たちの学年が使う教科書は絶版で買えない。考えた末、当時は2年生になると女子だけ家庭科が必修になり、芸術科目の授業がないのに気付き、高校での初恋の人*2が1年生の時に音楽のクラスだったので「音楽の教科書を貸してよ」と頼んでみた。「いいわよ」と、交渉は簡単に成立し、B5判300n近い黒表紙の教科書を借りることができた。
 この教科書には日本の有名な歌曲はもちろん「オー・ソレミオ」「帰れソレントへ」「ます」「菩提樹」やドイツ国歌などヨーロッパの名曲*3が多く取り上げられ、「ロンドンデリー・エア」もあった。難しい曲だったが、美術よりは良い成績をいただくことができた。3年生になると音楽の授業がないので、彼女の顔見たさに休日、遠路自転車で返しに行ったが留守だった。郵便受けに入れて帰ったが、持ち帰ればよかったと今も悔やんでいる*4。
 
*1 ロンドンデリーは北アイルランドの都市、エアは日本で言えば「武田節」「串本節」の「節」に当たり、普通「ロンドンデリー・エア」は「ロンドンデリーの歌」と訳される。
*2 あくまで「高校での初恋の人」で、「小学校での初恋」も「中学での初恋」も「大学での初恋」もあったし、「初恋」という以上「2番目の恋」「3番目の恋」「4番目の恋」もそれぞれあった。しかし大学時代に妻と結ばれるまでは、ほとんどすべて「片想い」に終わった。
*3 ご存知の通り「オー・ソレミオ」「帰れソレントへ」はイタリア民謡、「ます」「菩提樹」はシューベルトの歌曲、ドイツ国歌は、ハイドン作曲の弦楽四重奏曲第二楽章にファラースレーベンという人が歌詞をつけたものである。この曲は日本キリスト教団讃美歌(1954年版)の194番でもあり、教科書に載っていたのは讃美歌に使われていた歌詞の系統だったと思う。このほかマスカーニのオペラ「カヴァレリア ルスティカーナ(Cavalleria Rusticana)」の間奏曲も乗っており、私はこの曲も大好きだったが、難しくてとても歌えないと思っていたら、クラスメートが歌唱テストでこれを見事に歌ったのでびっくりした覚えがある。
*4 取っておきたい本だったという思いと、持ち帰っていればまた彼女の家を訪ねる口実ができたのにという2つの思いで悔やんでいるのである。
 
※曲名が「D」で始まる歌
DA-KA-RA(大黒摩季)、Dance With You(TUBE)、DAYBREAK'S BELL、DRINK IT DOWN(L'Arc〜en〜Ciel)Dearest(浜崎あゆみ)、Dear J(板野友美)、Dear Snow(嵐)、Deep Freeze(愛内里菜)、Deep Inpact(Dragon Ash)、Deja-vu(布袋寅泰)、DEPARTURES(globe)、Dear Friend、DESIRE(中森明菜)、DIAMONDS(プリンセスプリンセス)、Don`t you see!(ZARD)、Don't Leave Me(B'z)、DON’T U EVER STOP(KAT-TUN)、Don’t Wanna Cry(安室奈美恵)、DO THE MOTION(BoA)、DOWN TOWN(シュガーベイブ)、Dreaming Girl 恋、はじめまして(岡田有希子)




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url