明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




DEPARTURES

 1995年から98年にかけて、J-POPSの世界は「小室哲哉ブーム」席捲された。小室はTRF、篠原涼子、内田有紀、華原朋美、dos*1、観月ありさ、安室奈美恵らダンスユニットやビジュアル系女性タレントにヒット曲を次々提供するとともに、95年にラッパーでフランス出身のマーク・パンサー、後に小室の妻となったKEIKOと3人のユニットglobeを結成*2、自ら「プレイングマネジャー」として「小室ブーム」を引っ張ったのである。
 globeは95年8月にCDデビューし、9月、11月にも立て続けにシングルをリリースしてヒットさせ*3、96年1月に4枚目の「DEPARTURES」を「JR東日本SKI SKIキャンペーン」CMタイアップ曲*4として発売した。テレビCMでも頻繁に流れたこの曲が爆発的に売れて、シングル盤では歴代15位に入る通算230万枚の売上を達成した。さらに、3月発売のデビューアルバム「globe」は、アルバム史上初めて400万枚*5を売り上げた。
 その後も98年までは次々ヒットが誕生、98年9〜10月には同年のレコード大賞受賞曲となった「wanna Be A Dreammaker」を皮切りにシングルを4連発、オリコンベスト10に4曲同時チャートインという記録を作った。このころがブームのピークだったようだ。
 私生活では「小室ファミリー」といわれた多くの女性タレントと浮名を流し*6、元dosのASAMI(吉田麻美)と01年5月に再婚したが10カ月で破局、離婚直後の02年11月にglobeのKEIKOと3度目の結婚をした*7。しかし小室ブームは終わっており、ASAMIへの慰謝料などで巨額の借金を抱えた小室は著作権の二重売りなどの詐欺容疑で逮捕・起訴され有罪判決*8を受けた。さらに、小室を支えてきたKEIKOが11年10月にクモ膜下出血で倒れて長期療養を余儀なくされ、いわば踏んだり蹴ったりの状況に追い込まれた。
 話は戻ってglobe最大のヒット「DEPARTURES」である。小室は「ピアノに座った途端に曲のイントロが浮かんだ」と語っているようだ*9が、このイントロというか冒頭部はユーミンの「卒業写真」そっくりのような気がする。それなら「浮かぶ」のは当たり前だ。
 
*1 dosはテレビ東京系の「ASAYAN」出身のユニットで、taeco(西野妙子)、asami(吉田麻美=後に小室と結婚し離婚)、kaba(椛島永次=後にオネエタレントとして活躍)の3人がメンバー。96年に「Baby baby baby」でデビューし、約1年で解散した。
*2 小室はギターの木根尚登、ボーカルの宇都宮隆とTM NETWORKというユニットを結成し、シンセサイザーを担当していたが、1994年に解散し、しばらくは作詞作曲とプロデュース活動に専念していた。
*3 デビューシングルは「Feel Like dance」、2枚目は「Joy To the love」(9月)、3枚目は「SWEET PAIN」(11月)で、その2ヵ月後に「DEPARTURES」を出した。
*4 越後湯沢のガーラスキー場宣伝のため1991年に始まったJR東日本のスキー旅行キャンペーンCMで、後に他のスキー場も含めたキャンペーンに使われた。「DEPARTURES」の他にも、ZOOの「Choo Choo TRAIN」(後にEXILEがカバー)を始め、GLAYの「Winter, again」、同じglobeの「Can't Stop Fallin' in Love」などの大ヒット曲が誕生している。
*5 97年以後、GLAY、B'zA、宇多田ヒカルA、浜崎あゆみのアルバムが「globe」の売り上げ記録を上回り(Aの2人は2枚)、2010年末現在のアルバム売上トップは宇多田ヒカル「First Love」の765万枚である。
*6 小室は88年に女性アイドルと結婚したが92年に離婚、全盛期は華原朋美と公然の中だった。
*7 KEIKOは大分県臼杵市出身で95年8月に小室が行ったオーディション見出され、globeのメンバーとなった。長く小室にあこがれていたと言われ、小室が華原と破局し、asamiと「できちゃった婚」してからも小室に思いを寄せ続けていたようだ。なお、08年にソロとしてユニバーサルミュージックに移籍して以後、アーティスト名をK-C-O(読み方はケイコである)と改めた。
*8 08年11月、個人投資家に著作権譲渡の話を持ちかけ、5億円を騙し取った詐欺の容疑で、小室哲哉は大阪地検特捜部に逮捕され、翌年5月に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。
*9 出典不明だが、ウィキペディアにはそう記述されている。




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url