明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Fascination

 ホンダのハイブリッド車、フィットのCMのバックに流れる懐かしの名曲「Fascination(邦題・魅惑のワルツ)」。見事な英語の発音で情緒たっぷりに歌う声を聞いて、私は「美空ひばりだ」とすぐ分かった。当欄愛読者の皆さんもほとんど気付かれただろうと思う。
 この名曲Fascinationには長い歴史がある。「二木紘三のうた物語」や「この曲で踊りたい!ダンスネット・ブログ」などによると、作曲者はイタリア人で後にフランスに移住したフェルモ・ダンテ・マルシェッティ(1876〜1940)。最初に曲が作られたのは1904年というから、日露戦争のころである。その時のタイトルは「ボヘミアのワルツ」で、歌詞は付いていなかったが、ダンスミュージックとして広範囲に支持され、人気を集めたようだ。
 1932年にモーリス・ド・フェローディがフランス語の歌詞を書き、当時まだ20歳だった気鋭の米国人作詞家ディック・マニング*1が英語の歌詞をつけた。Fascinationというタイトルはこの時に付けられたようだ。そして25年後の1957年、Fascinationはオードリー・ヘプバーン、ゲイリー・クーパー主演の米映画「昼下りの情事*2」のテーマ曲となり、映画が大当たりしたこともあって、世界的に知られるようになった。この年に米国の美人ジャズシンガー、ジェーン・モーガンがディック・マニングの歌詞でリリース、大ヒットとなったほか、後にダイナ・ショア*3やナット・キング・コール*4が歌っている。
 さて、美空ひばりの「魅惑のワルツ」はコールが1965年、45歳の若さで死去したため、コールのファンだった美空ひばりが「ひばりジャズを歌う〜ナット・キング・コールをしのんで」というアルバム*5を出した時に収録された。前半を日本語(水島哲訳詞)で、後半を英語で歌っている。実は前半の日本語歌詞の部分も化粧品のノエビアが2004年秋〜06年春のCMに使った。今回英語部分にホンダが目をつけ、見事CMとフィットしたわけだ。
 
*1 ディック・マニング(1912〜1991)はチャールズ・E・キングが作詞作曲したハワイアン「ケ・カリ・ネイ・アウ」が原曲で、アンディ・ウィリアムズがヒットさせた「ハワイの結婚の歌」や、歌劇「ジョコンダ」の「時の踊り」が原曲とされるナンシー・シナトラの「レモンのキッス」など、原曲をアレンジしたメロディーに歌詞をつけるのが得意な作詞家のようで、Fascinationもそうした1曲である。
*2 「昼下りの情事」の原題はLove in the Afternoonで、「情事」はちょっと「オーバー」な印象だ。ビリー・ワイルダー監督のラブ・コメディーで、オードリーが純情だが好奇心旺盛な娘アリアーヌを演じる。彼女の父親で私立探偵の役がモーリス・シュバリエ、彼がX氏の依頼でゲイリー・クーパー演じる富豪フラナガンとX夫人のデートを盗み撮りし、写真を見たX氏はフラナガンを殺そうとする。そこにアリアーヌが現れ、フラナガンを危うい所で救い、2人は知りあう。女たらしのフラナガンがアリアーヌに惚れてしまい、世慣れたふうを装ってフラナガンを手玉に取っているように見せていたアリアーヌもフラナガンを好きになっていた……というドンファン純情ばなしである。
*3 ダイナ・ショア(1916〜1994)は米国の歌手で女優。「ボタンとリボン」「青いカナリア」などのヒット曲で知られる。
*4 ナット・キング・コール(1919〜1965)は米国アラバマ出身、戦前はジャズピアニストとして、戦後は歌手として活躍、「モナリザ」「プリテンド」「スターダスト」「カチート」「Too Young」「ルート66」「L-O-V-E」などの曲をヒットさせたが、肺がんのため早世した。
*5 「魅惑のワルツ」はじめ「プリテンド」「スターダスト」「Too Young」「L-O-V-E」「月光価千金」「歩いて帰ろう」「恋人よ我に帰れ」「慕情」「ロンリーハート」「夕日に赤い帆」「ペイパームーン」の12曲がひばりの見事な歌唱で収められている。
 
※曲名が「F」で始まる歌
FACE、FREEDOM(globe)、Face Down(嵐)、Face the change、FOREVER YOURES、For the moment、fragile(Every Little Thing)、fairyland、Free&Easy(浜崎あゆみ)、FAITH OF LOVE(ALFEE)、Family〜一つになること(KinKi Kids)、FANTASISTA(Dragon Ash)、FANTASY(EXILE)。Feel fine!(倉木麻衣)、Feelings(ハイ・ファイ・セット)、FIND THE WAY(中島美嘉)、 FIREBALL (B'z)、First Love、For You(宇多田ヒカル)、Fortune(玉置成実)、for you…(高橋真梨子)、Frame(TRF)、FREAKY(倖田來美)、freebird(SMAP)、forbidden lover(L'Arc〜en〜Ciel)、FU-JI-TSU(工藤静香)、FULL JUMP(愛内里菜)、FUNK FUJIYAMA(米米CLUB)、FUNKY FLUSHIN’(山下達郎)




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url