明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Blowin' in the Wind

 私の大学生時代はフォークソングブームの真っただ中だった。米国のフォークソング系で最初に人気になったのは、1960年前後に活躍したブラザース・フォー*1だが、62〜63年ごろから、いわゆる反戦フォークが盛んになり、ピート・シーガー、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ピーターポール&マリー(PPM)、キングストントリオなどがメッセージ性の強い曲*2を次々ヒットさせ、日本でも多くの若者がギター片手にフォークソングに熱中した。その後のグループサウンズもニューミュージックも、そしてシンガー・ソングライターという言葉も、すべてフォークブームが原点*3だと言っても過言ではない。
 先に上げた米国の多くのフォークシンガーが日本に強い影響を与えたが、中でもボブ・ディラン*4(1941〜)は「フォークの貴公子」「時代の代弁者」などと絶賛され、音楽好きの若者のあこがれの的のような存在だった。ガロの「学生街の喫茶店(72年)」には「学生でにぎやかな この店の 片隅で聞いていた ボブ・ディラン」という歌詞があり、大阪には「ディラン」という音楽喫茶があって、そこに出入りしていた大塚まさじ、西岡恭蔵、永井洋が「ザ・ディラン」というユニット*5を組んで活躍したほど名前が浸透していた。
 「Blowin’ in the Wind」(邦題・風に吹かれて)はディランが63年5月に出したセカンドアルバムに収録され、シングルカットもされたが、実はその1年前にディランは友人たちにこの曲を披露し、評判となっていた*6。「いくつ砲弾を撃てば武器を永久に無くす気になるのか」などプロテストソングふうの問いかけが続き*7、「答えは風の中(The answer, my friend, is blowin' in the wind, The answer is blowin' in the wind)」となる禅問答のような歌である。易しい英語で哲学的な思いを伝える歌詞を、ディランが声を張り上げることもなく淡々と歌うのがカッコ良くて、私も何度も歌いたいと思ったが、歌っていない。
×         ×         ×
 前回「All My Love」の時に書いたような事情で、今回は「B」の2曲目となる。「C」「D」は既に2曲書いたので、次回惰学記は「E」の2曲目となる予定である。
 
 
*1 ブラザース・フォーはその名の通り4人兄弟のグループで、1960年前後に活躍、「グリーンフィールズ」「遥かなるアラモ」「七つの水仙」などのヒット曲がある。
*2 ピート・シーガーは「We Shall Overcome」を広め、米国の公民権運動や日本のべ平連運動のシンボル的な曲にした。「花はどこへ行ったの」は少女が摘んだ花を持って若い兵士が戦場に行き、戻ってきたのは墓地で、そこにまた花が咲くという反戦歌で、PPMやキングストントリオなどが歌った。「ドナドナ」はジョーン・バエズの代表曲で子牛が売られていく話で、「パフ」は不思議な龍の話でPPMが歌い、日本では童謡としても広まった。
*3 もちろんグループサウンドはビートルズやベンチャー図という「もう一つのルーツ」があるが、フォークソングブームを抜きにしては語れないと思う。
*4 ディランはミネソタ州出身でミネソタ大学を中退、ニューヨークに出てクラブやコーヒーハウスなどで弾き語りをするうち、コロムビアレコードのプロデューサーに認められ、62年3月にレコードデビューしたが売れなかった。転機となったのは62年末の英国訪問らしい。ウィキペディアによると、BBCのTVドラマに出演し、ロンドンのクラブで演奏した後帰国して4月にはニューヨークのタウンホールに出演、テレビの人気番組「エド・サリバン・ショー」出演のチャンスを得たが、極右政治団体を揶揄する曲を演奏しないよう求められて腹を立て、出演をキャンセルした。これが話題になり、タイム誌に「新たなるヒーロー」と紹介され、フォークフェスティバルで知り合ったジョーン・バエズの支援を受け、一気にブレークした。
*5 このいきさつについては惰学記いろは歌シリーズ「プカプカ」に詳述した。
*6 ウィキペディアによれば、ディランは1962年4月に友人と公民権運動について話している時に、この歌を思い付き、10分ほどで詞と曲を仕上げた。その晩、友人のギル・ターナーがMCを務めるステージの楽屋に行き、この歌を歌って聞かせたら、ターナーが感激してそのままステージにかけ上がって歌った。そして7月にディラン自身がこの曲をレコーディングし、*4に記した訪英の際にTVドラマでこの曲を演奏、帰国後のタウンホールでのライブでも歌っている。
*7 英語の歌詞は以下の通りである。

How many roads must a man walk down
Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
 
How many times must a man look up
Yes, 'n' how many ears must one man have
Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
 
How many years can a mountain exist
Yes, 'n' how many years can some people exist
Yes, 'n' how many times can a man turn his head,
The answer, my friend, is blowin' in the wind,
Before you call him a man?
Before she sleeps in the sand?
Before they're forever banned?
The answer is blowin' in the wind
 
Before he can see the sky?
Before he can hear people cry?
That too many people have died?
The answer is blowin' in the wind.
 
Before it's washed to the sea?
Before they're allowed to be free?
Pretending he just doesn't see?
The answer is blowin' in the wind.



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url