明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




GIVE ME FIVE !

 「友よ 思い出より 輝いてる あすを信じよう そう卒業とは 出口じゃなく 入口だろう 友よ それぞれの道 進むだけだ サヨナラを言うな またすぐに会える だから今は ハイタッチしよう」。AKB48の「GIVE ME FIVE !」は、このサワリ部分が昨春テレビCMなどでさんざん流れたので、私の頭にこびりついている。2012年のAKB48のシングルは、この「GIVE ME FIVE !」(2月)に始まって、レコード大賞受賞曲となった5月の「真夏のSounds good !」、8月の「ギンガムチェック」、10月の「UZA」、12月の「永遠プレッシャー」の5曲で、いずれもオリコン初登場1位、ミリオンセラーとなっている。「GIVE ME FIVE !」は最初の2日間で売り上げ100万枚を突破したが、年間総売上枚数は「真夏のSounds good !」に及ばなかった*1。しかし、私は「GIVE ME FIVE !」の方が好きだ。
 さて、AKB48は2007年のメジャーデビュー以来、毎年春先に卒業と別れがテーマの曲を出してきた*2。その第5作が「GIVE ME FIVE !」で、テーマは前4作同様、桜と別れだが、タイトルが横文字になり、「桜」という文字が消えたことが前4作との大きな違いだ。
 しかも歌詞には「GIVE ME FIVE !」という言葉はない。そもそも「GIVE ME FIVE !」はどういう意味なのか。実は私も初めて知ったが、米国の俗語では5本の指をfiveと表現することがあり、five=片手の意味で使われる。日本で言うハイタッチは厳密にはhigh fiveだそうで、 give me fiveは日本的に言えば「お手を拝借」だが、「手と手を合わせよう」、さらに「ハイタッチしよう」の意味にもなる。歌詞と曲のタイトルがやっとつながった。
 話は変わるが、峯岸みなみ坊主頭騒ぎの陰に隠れて、メンバーでは最も私の好みだった板野友美のAKB卒業発表がほとんどマスコミに取り上げられなかった。あれが偶然ならトモちん*3が気の毒だが、何らかの裏事情を隠すための陽動作戦という深読みもできる。
 
*1 2012年にシングル盤でミリオンセールを記録したのはAKB48だけで、「真夏のSounds good !」(182万枚)、「GIVE ME FIVE !」(144万枚)に次ぐ3位が「ギンガムチェック」(130万枚)、4位が「UZA」(122万枚)、5位が「永遠プレッシャー」(107万枚)だった。
*2 08年が「桜の花びらたち2008」、09年が「10年桜」、10年が「桜の栞」、そして11年は「桜の木になろう」だった。なお、ことし2013年も桜と卒業がテーマのシングルが2月20日にリリースされたが、タイトルは「So long!」で、桜の文字が入らない横文字バージョンだ。なお「So long!」も初登場1位、最初の1週の売り上げ103万枚で、シングル11作連続ミリオンセラーとなった。
*3 「ともちん」は板野友美の愛称。茶髪とネイルがメンバーの中では際立って目立つ。
 
※曲名が「G」で始まる歌(なお、次回以後このコーナーを縮小します)
GANG*(福山雅治)、GENIE、GEE(少女時代)、GENERATION GAP(V6)、GET BACK IN LOVE(山下達郎)、GET CRAZY! (プリンセスプリンセス)、GET GOOD GET GOD(バブルガムブラザーズ)、GET MY LOVE!、Give me a Shake 、Grace of my heart(MAX)、Get U’re Dream、GOOD DAY(ZARD)、Get Wild(TMネットワークなど)、GIFT(ミスチル)、GIFT~白~(関ジャニ∞)、GIRL TALK(安室奈美恵)、GIVE ME FIVE! (AKB48)、GLAMOROUS SKY(中島美嘉)、glitter(浜崎あゆみ)、GLOBAL COMMUNICATION(GLAY)、 GLORIOUS(愛内里菜)、GO FOR IT !!(西野カナ)、GO FOR IT, BABY−キオクの山脈−、GOLD(B'z)、 GOLD FINGER’99(郷ひろみ)、Goodbye Day(来生たかお)、Good-bye days(YUI)、Goodbye Yesterday(今井美樹)、 Go to the top(倖田來未)、Grateful Days (Dragon Ash)



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url