明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




I could have danced all night!

 ブロードウェイで1956年から6年半という記録的なロング・ランとなったミュージカル「マイ・フェア・レディ」のイライザ役を演じたのはイギリス出身のジュリー・アンドリュースだった。ところが1964年に映画化されるにあたって、製作者のジャック・ワーナーが主役に選んだのはオードリー・ヘプバーンだった。当時ジュリーは国際的な知名度が低く、ヒットしないと考えたようだ。ヒギンス教授もイライザの父も舞台と同じ配役だったから、ジュリーだけが外された格好になる。彼女の屈辱感、悔しさの程は十分に想像できる。
 同じ年、ウォルト・ディズニーの懇請でジュリーは「メリーポピンズ」に主演、見事アカデミー主演女優賞を獲得した。「マイ・フェア・レディ」は作品賞や主演男優賞、監督賞など9部門で受賞したのに、オードリーは主演女優賞にノミネートすらされなかった。彼女は歌唱力に問題があり、「I could have danced all night!(踊り明かそう)」など歌の大部分はマーニ・ニクソン*1という歌手が吹き替えた。これが響いたのと、ジャック・ワーナーに外されたジュリーへ同情が彼女を受賞に導いたといわれる。アカデミー賞に先立ち、同じ「メリーポピンズ」でゴールデングローブ賞を受賞した時、彼女はあいさつで「私を選ばなかったジャック・ワーナー氏に感謝します」というキツいスピーチをしている。
 アカデミー賞授賞式には、ノミネートされなかったオードリーがプレゼンターで登場、彼女からオスカー像を受けた主演男優賞のレックス・ハリスンは「2人のフェアレディズに感謝します」と両人に気配りのスピーチ。次にジュリー・アンドリュースが「アメリカの方が親切だとは知っていましたけど、私にこの名誉をくださるなんて」とあいさつしたが、オードリーの抱擁を受け、ひどく動揺した表情をテレビカメラに捉えられたという。「踊り明かそう」を聴くたびに、2人の女優が繰り広げた人間ドラマを思い出してしまう。
 
*1 今回は映画ファンによるいくつものホームページの記述を参考にさせていただいた。マーニ・ニクソンは「ハリウッドの声」と言われ、彼女が歌を吹き替えた主な作品は以下の通り(カッコ内が映画で口パクをしている女優名)。秘密の花園(マーガレット・オブライエン)、王様と私(デボラ・カー)、めぐり逢い(同)、ウエスト・サイド物語(ナタリー・ウッド)、マイ・フェア・レディ(オードリー・ヘプバーン)。なお、ジュリー・アンドリュースの大ヒット作品となった「サウンド・オブ・ミュージック」では、マーニ・ニクソンは修道女ソフィア役で画面に登場、ジュリー・アンドリュースと一緒に歌うほか、終盤では憲兵隊の車を動かなくしてトラップ一家の亡命を助ける重要な役を演じている。
 
<曲名がIで始まる主な歌>
I CAME FROM横須賀(山口百恵)、if(西野カナ)、I’ll Follow The Sun(ビートルズ)、I LOVE YOU(尾崎豊)、Love you,SAYONARA(チェッカーズ)、I ’m proud(華原朋美)、IT'S ONLY LOVE(福山雅治)、innocent world(ミスチル)、I Will Follow Him(ペギーマーチ)、I Wish For You(EXILE)彼女



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url