明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




L-O-V-E

 第2次大戦前は著名なジャズピアニストとして、戦後は男の色気のある声を持った歌手として活躍したナット・キング・コールは1919年にアラバマ州の州都モントゴメリーで生まれた。早速話がそれるが、Montgomeryと書いて、人の名前*1ならモンゴメリー-なのに、都市名だとモントゴメリーと書く理由がよく分からない。同じ州の都市Birminghamは、カタカナではバーミングハムと記されている。不審に思って英国の同じ綴りの都市を見ると、こちらは普通にバーミンガムとなっている。なぜこんな違いがあるのか。ナット・キング・コールが時にナッキンコールと表記されるようなものと言えばそれまでだが……。
 話はナット・キング・コールに戻る。歌手としての彼の最初の大ヒットは1950年の「モナ・リザ」。アラン・ラッド主演の戦争映画「別動隊」のテーマ曲で、ビルボード誌のチャートで8週連続1位を占めた。しかし、私が彼を知ったのはラテンの「カチート*2」からだ。コールはこの歌を58年にリリース、日本では60年に発売されヒットした。従って「モナ・リザ」はもちろん、51年の「トゥーヤング」、52年の「プリテンド」など古いヒット曲は60年代以後に知った。コールの歌唱が定番化しているスタンダード曲の「スター・ダスト」「ルート66」「トゥーヤング」など*3は彼のオリジナルだとずっと思い込んでいた。
 さて「L-O-V-E」は64年12月にリリースされた。曲は「L-O-V-E」を分解してLはlook at me、Oはonly one I see、Vはvery very extraordinary、Eはeven more than anyoneと、愛の言葉を連ねる「ドレミの歌」のような趣向だ。日本語盤も発売されたが、こちらはLは同じだが、Oはok、Vはvery good、Eは「Eと結べば」とあるだけで単語がない。
 コールは当時すでに末期の肺がん*4で、翌年2月15日に帰らぬ人となった。「L-O-V-E」はコールの遺作ということで、7ヵ月連続チャートインする記録的な大ヒットとなった。
 
*1 「赤毛のアン」シリーズのカナダ人作家ルーシー・モンゴメリーも、二枚目俳優だったモンゴメリー・クリフトも同じ綴りである。
*2 ナット・キング・コールは「カチート」をスペイン語で歌った。
*3 「When I Fall in Love」や、チャップリンの「モダンタイムズ」のテーマに歌詞をつけた「スマイル」もコールの歌唱が決定版とされる。
*4 コールは愛煙家で、たばこは声を低音にすると信じ、1日60本以上吸っていた。「L-O-V-E」のレコーディングも無理を押してのことだったらしく、その直後に入院し、そのまま死去した。45歳の若さだった。娘のナタリー・コールも歌手で、91年に父の音源に自分の声をデュエットさせる「アンフォーゲッタブル」という曲を出し、話題になった。

<曲名が「L」で始まる主な歌=原則として洋楽は除きます>
LADY NAVIGATION、Liar! Liar!、love me, I love you、 LOVE PHANTOM(B'z)、LAST ANGEL feat.東方神起(倖田來未)、LAST CHRISTMAS(EXILE)、Life goes on(Dragon Ash)、Lifetime Love(アルフィー)、LIGHT IN YOUR HEART(V6)、L ike a star in the night、 Love, Day After Tomorrow、(倉木麻衣)、LIPS(KAT-TUN)、Look Back Again(矢井田瞳)、Long Road(w-inds)、Long Way Home(SPEED)、LOVER SOUL(JUDY AND MARY)、Love & Peace Forever(trf)、LOVE 〜Destiny〜(浜崎あゆみ)、LOVE FLIES(L'Arc〜en〜Ciel)、Love Forever(加藤ミリヤ&清水翔太)、Love is Dreaming(MAX)、LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)、LOVE SONG(チャゲ&飛鳥)、Love so sweet(嵐)、Lovin' you (東方神起)



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url