明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Oh! Carol(おお!キャロル)

 ニール・セダカの曲について書くのは「King of Clowns(悲しきクラウン)」に次いで2度目だ。裏話だが、今回の「Oh! Carol」の方を先に書いていたのだが、「K」の2曲目に「King of Clowns」を取り上げた関係で、こちらも書き直すことになってしまった。
 さて、ニューヨーク州生まれのニール・セダカは1955年、16歳の時にトーケンズ*1のリードボーカルとしてデビューしたが、57年に脱退、翌年コニー・フランシスのために作った「間抜けなキューピット」で注目され、RCAから59年に「The Diary(恋の日記)」でソロデビュー、これがビルボード誌の全米14位となりスターの仲間入りを果たした。
 「Oh! Carol」は同じ59年に出したソロ第2弾で、全米チャート9位のヒット曲*2だが、当時彼のガールフレンドだったという女性シンガー・ソングライターのキャロル・キングのことを歌ったものである。キャロル・キングといえば71年に発売されたアルバム「つづれ織り」が全世界で2200万枚という空前のヒットとなった超メジャー歌手で、翌72年には五輪真弓のデビューアルバム「少女」の制作にも携わったことで知られる。「Oh! Carol」がヒットした59年には「Oh Neil」というアンサーソングをリリースしている。
 しかし、彼女は58年に16歳の若さで作詞家のジェリー・ゴフィンと結婚し、62年には夫婦で「ロコモーション」というリトル・エヴァの全世界的ヒット曲を作詞作曲している。その後67年に2人は離婚しているが、「Oh! Carol」発表当時、彼女が人妻であったのは間違いない。「♪Oh Carol, I’m but a fool darling I love you so you treat me cruel you hurt me and you make cry but if you leave me I will surely die」と続く熱烈な恋歌は、ニール・セダカの切ない思いをつづっている*3ようだ。ただ、気になるのは、この曲の曲想がダイヤモンズの57年の大ヒット曲「リトル・ダーリン*4」に酷似していることだ。
 
*1 トーケンズは1961年に「ライオンは寝ている」という世界的なヒット曲を出したが、もちろんその時はニール・セダカはメンバーではない。
*2 日本では「おゝ キャロル」もヒットしたが、むしろB面の「恋の片道切符」の方がバカ当たりしてAB面逆転のシングル盤が出された。
*3 全く個人的な、何の根拠もない推測だが、このせつない思いをキャロル・キングがジョークと受け止め、アンサーソングで返したことがニール・セダカにはショックで、そのことが「King of Clowns」という曲のイメージになったのではないかと密かに思っている。
*4 ダイヤモンズはカナダ出身の白人男性4人組で、黒人系のR&Bを好んでカバーした。「リトル・ダーリン」は日本では伊藤素道とリリオリズムエアーズ(後にローハイドのテーマ曲をカバーし、ムチを入れる音をスリッパをたたいて表現して人気を高めたコミカルなポップスバンド)の十八番だった。「ya—yayayaya—yayaya--ya」というファルセットで始まり、「Hey little darlin’,oh little darlin’ Oh Ho where are」と去った女性に呼び掛けるアップテンポなフレーズが続く。そして1番と2番の間にセリフが入る。「Oh Carol!」は、この「リトル・ダーリン」の流れと構成が酷似ている気がして、私は50年以上も「似ている」と言い続けている。



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url