明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Runaway

 「Runaway」というタイトルを聞くと、中高年の歌好きなら2つの曲がすぐ頭に浮かぶはずだ。シャネルズ1980年2月のデビュー曲「ランナウェイ」(湯川れい子作詞、井上忠夫作曲)と、デル・シャノン(1934~90)のアメリカンポップス「Runaway」である。
 デル・シャノンの「Runaway」は彼自身の作詞作曲で、61年に大ヒットした。邦題は「悲しき街角」で、飯田久彦がカバー、その後も柳ジョージ、斉藤和義ら*1が歌い継いでいる。デル・シャノンは日本で「街角男*2」と呼ばれたが、その後90年に猟銃自殺した。
 シャネルズの方はライブハウスなどで活躍するアマチュアバンド出身で、プロの評価が高く、現在のテレビ東京の番組に出演していた。リーダーでメインボーカルの鈴木雅之、サイドボーカルの田代まさしら4人が顔を黒塗りして前に立ち、顔を塗っていないトランペットの桑野信義ら6人との対照を強調した10人編成グループとして本格デビューした。
 さて、「ランナウェイ*3」は、鈴木雅之のハスキーなボーカルと、ドゥー・ワップと呼ばれるリズミカルな黒人コーラス風の歌いぶり、さらに桑野信義の見事なトランペット演奏で、80年の売り上げ4位を記録した。その後もヒットを連発した*4が、不祥事と背中合わせ*5のグループで、半年後に早くも謹慎している。後にユニット名を「ラッツ&スター*6」に変えて「め組のひと」という化粧品会社とのタイアップ曲をヒットさせたが、脱退者が相次ぎ、86年ごろ活動休止状態となった。今は、鈴木ひとりが歌手として活躍中だ*7。
 シャネルズの「ランナウェイ」は「駆け落ち」という意味だ*8が、デル・シャノンの方は彼女が去っていったという「Runaway」で、失恋ソングである。同名でも曲想が大違いなのはそのためだ。余談だが、英語に弱い私は「runaway」に滑走路という意味もあると思っていたが、滑走路は「runway」だということに初めて今回知った。恥ずかしい。
 
*1 Runawayはベンチャーズもカバー盤を日本で出しているが、これはもちろんインストルメンタルである。
*2 坂本九がカバーした「花咲く街角/Hats Off To Larry」が知られているが、他に「さらば街角/So Long Baby」、「街角のプレイガール/Little Town Flirt 」「さすらいの街角/Stranger in town」もあった。最後の2曲は原題にtownとあるので、街角でOKだが、「花咲く~」と「さらば~」は「悲しき街角」に合わせて強引に街角にしたようだ。
*3 発売時のジャケットを見るとカタカナに重ねてピンク色の文字で「RUN AWAY」と大書されているのでアルファベット回で扱っても許されるだろう。なお、作詞者の湯川自身が英訳した歌詞もあり、ロサンゼルスのライブハウスで演奏されて、アルバムにはライブ録音盤もある。
*4 「トゥナイト」「街角トワイライト」「ハリケーン」が81年夏までに立て続けにヒットした。
*5 活動停止後バラエティで才能を発揮していた田代まさしが麻薬・薬物依存となって破廉恥行為で5回も逮捕され、現在は2度目の刑務所生活中なのは有名だが、シャネルズとして本格デビューした直後の80年3月に、宿泊先での未成年者とわいせつ行為をしたことが明るみに出て、「トゥナイト」リリース直後に半年間の謹慎生活に入り、メンバーは一旦旋盤工などに戻った。
*6 ユニット名を変えた理由は明言されていないが、「シャネルズ」という名前に、前々から化粧品や服飾などの有名ブランド「CHANEL」のクレームがあり、「め組のひと」が資生堂とのタイアップ曲だったことも重なって改名したようだ。「ラッツ&スター」は「RATS & STAR」で回文になっており、ドブネズミとスターという意味だ。下町のドブネズミがスターになったことを象徴したかったようだ。
*7 鈴木雅之は、姉・鈴木聖美とのデュエット「ロンリーチャップリン」が有名。今も素晴らしい歌声を時々聴かせてくれる。
*8 「連れていってあげるよ 二人だけの遠い世界へ お前を抱いてランナウェイ」という歌詞から駆け落ちと分かる。



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url