明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



惰学記




Supercalifragilisticexpialidocious

 昨年暮れにAKB48が長いタイトルの曲*1を出したことから、1964年のディズニー映画の挿入曲、「Supercalifragilisticexpialidocious*2」を思い出し、これを書くことにした。
 映画はジュリー・アンドリュース主演の「メリーポピンズ」である。ジュリー・アンドリュースと「メリーポピンズ」については、このシリーズのI回「I could have danced all night!」で書いたが、魔法が使えるベビーシッターのメリーポピンズがバンクス家に雇われ、腕白、お転婆な子どもたちをトリコにするという話だ。ある日メリーポピンズはバンクス父子と遊園地のメリーゴーランドの木馬に乗って競馬場に出かけ、その馬でレースに優勝してしまう。そこで、報道関係者らに取り囲まれ、感想を聞かれたメリーポピンズが言葉に窮して歌うのが「Supercalifragilisticexpialidocious」で、この34文字の単語は、「困難な状況に陥った時に唱えると問題が解決する呪文*3」とされる。この呪文は映画のために作られた*4らしいが、字数の長い単語の一つ*5として有名になり、映画のヒット後は「素晴らしい」「信じられない」という意味の形容詞として一般に通用するようになった。
 実は競馬場の場面はいわば伏線で、この後に、銀行幹部であるバンクス氏が子どもたちのしつけのために自分の働きぶりを見せようと銀行に連れていったのが裏目に出る話が続く。頭取と父親が倹約を勧めるため無理やり貯金させようとしたため、子どもたちが大声で「わたしのお金を返してー」と叫んだことから取り付け騒ぎとなり、責任を問われたバンクスはクビを言い渡されるが、「Supercalifragilisticexpialidocious」の呪文を思い出し、ニコニコ顔でこの歌を口ずさみながら銀行を去る。そして強い風の吹く翌朝、子どもたちとタコ上げに出かけると、「Supercalifragilisticexpialidocious」の呪文効果か、頭取初め銀行の幹部が全員タコ上げに興じていたというオチがついて、めでたしめでたしとなる。
 
*1 AKB48の曲のタイトルは<鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの>で、漢字も仮名も、括弧や読点も含めると76文字となる。
*2 Supercalifragilisticexpialidociousを片仮名にすると、スーパーカリフラジリスティックエクスペリドーシャスとなる。
*3 インターネットの「ニコニコ大百科」には「Supercalifragilisticexpialidocious」を、このように説明している。なお、ウィキペディアでは「困難な状況を説明する言葉、そして人生を向上するための魔法の言葉」とある。
*4 ウィキペディアによると、作曲者のロバート・シャーマンは、「この単語はよくあるでたらめな言葉だ」と言っている。なお、この曲が有名になった後の1964年に2人の作曲家が、1951年に自分たちが発表した「Supercalafajalistickespeealadojus」という曲の著作権を侵害していると訴えたが、敗訴したという。
*5 これもウィキペディアやニコニコ大百科に依るが、2007 年 4 月に開催された携帯メールの早打ちを競う大会の決勝戦の題目として用いられた。優勝したのは13歳の少女で、わずか15秒でこの34文字を打ち終わったという。



<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946~2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url