I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談


事務所を移転しました

   新事務所は〒640-8214 寄合町44番地(宮本ビル4階)
   
TEL 073-425-0084  FAX 073-423-5151
   メールアドレス office@ken-ohashi.jp は変わりません
   

  



以下に後援会規約と内規を掲載いたします。

大橋建一後援会規約

第1条、(名称・所在地)
 本会は、大橋建一後援会と称し、事務所を和歌山市に置く。
第2条、(目的)
 本会は、大橋建一和歌山市長の政治活動を後援し、活力ある和歌山市の実現を
 目指していくこと、あわせて会員相互の親睦を深めることを目的とする。
第3条、(事業)
 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
 1、講習会、座談会等の開催
 2、会報等の発刊及び配布
 3、関係諸団体等との連携
 4、その他本会の目的達成のため必要な事業
第4条、(会員)
 本会は、第2条の目的に賛同し、入会申込書を提出した者をもって会員とする。
第5条、(役員)
 本会に次の役員をおく。
   会  長 
   副 会 長  
   常任幹事  
   幹  事   
   会計責任者
   会計監査  2名
   相 談 役
第6条、(役員の選出及び任期)
 1、役員は、総会において選出する。
 2、役員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。
第7条、(会議及び議決)
 1、会長は毎年1回の通常総会、その他必要に応じ臨時総会を召集する。
 2、会長は、必要に応じ、役員会・代表役員会を召集する。
   イ、役員会は、第5条の役員をもって構成する。
   ロ、代表役員会は、会長、副会長、常任幹事をもって構成する。
   ハ、役員会・代表役員会は、本会の運営に関する重要事項を決定する。
第8条、(経費)
 本会の経費は、会費、寄附金その他の収入をもって充当する。
第9条、(会計年度及び会計監査)
 1、本会の会計年度は、毎年1月1日より12月31日までとする。
 2、会計責任者は、本会の経理につき年1回会計監査による監査を受け、その監査
 意見書を付して総会に報告する。
第10条、(規約の改廃)
 本規約の改廃は、役員会において決定する。
第11条、(補則)
 本規約に定めなき事項については、役員会で決定する。

大橋建一後援会規約内規

  1. この内規は、規約第4条に定める会員のうち、同第8条に定める会費を納付する会員(以下賛助会員、協力会員という)について、必要な事項を定める。
  2. 賛助会員は、別に定める賛助会員加入申込書により、加入の申込みをするものとする。
    イ、 会費は1口以上とし、1口の月額は5,000円とする。
    ロ、 会費は毎月毎に又は、年額を一括して、別に定める口座振込書又は、口座振替の方法により納付するものとする。
  3. 協力会員は、別に定める協力会員加入申込書により、加入の申し込みをするものとする。
    イ、 会費は1口以上とし、年額1口3,000円とする。
    ロ、 会費は、別に定める口座振込書又は、口座振替の方法により納付するものとする。
  4. 会費は大橋建一後援会の収入とし、政治活動に必要な経費に充てる。
  5. この内規に定めのない事項は、役員会において処理する。

附則
 この内規は、平成14年11月30日より施行する。


後援会加入を希望される方は、下記の入力ボタンからも、ご入会いただけます。

後援会規約内規をご理解いただき、ご希望する会員ボタンをクリックして、必要事項をご入力し、送信してください。








後援会報第5号

後援会報第3号

後援会報第2号

後援会報第1号






   

   

   

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp