I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



福田首相退陣

 福田康夫首相の突然の辞任表明については、「政権投げ出し」「無責任」などマスコミや評論家と言われる人たちがボロクソに批判しているが、私の受け止め方は少し違う。思うに、安倍政権崩壊で福田さんが担ぎ上げられた時から、長く総理を続けるつもりは全くなく、自分に課せられた責務は「ねじれ国会」状態の打開と、財政建て直しのための消費税増税に道筋をつけることと考えて、それができれば役割は終わると認識していたはずだ。
 ねじれ解消はどうすれば可能か。もちろん民主党との「大連立」である。そう考えた福田さんは民主党の小沢一郎代表と密かに接触、原則合意を取り付ける。「これで国会運営もスムースにいく。消費税増税もうまく行くかもしれない。」とホッとしたのもつかの間、小沢さんは党内の猛反対にあってあっさり約束を反故にし、全面対決路線へと急旋回する。
 衆院優位の原則で予算だけは成立するが、法案は参院で否決されると衆院で3分の2の多数で再可決しないと成立しないし、人事案件は参院が否決すれば不承認となる。野党の協力が得られない「ねじれ国会」ではガソリン税の暫定税率などすべて再可決で強行突破しなければならないし、解散・総選挙に打って出ても、小泉政権時代から引き継いだ年金問題や後期高齢者医療制度、そして暫定税率絡みで浮上した道路特定財源「ムダ遣い」問題などでマスコミの集中砲火を浴びている状況では勝てそうもないし、たとえ勝っても3分の2の多数は失うことが確実という、与党側には全く展望が見出せない状況となった。
 間の悪いことに原油価格急騰と小麦など原材料高騰が庶民生活を直撃し、政治に対する不満が高まって内閣支持率は下がる一方である。財政再建のために消費税アップを志していたのに、来年度の税制改正に盛り込むことは与党内の猛反対で断念せざるを得ない。しかも、産業界などの強い要求もあって、政府・与党は緊急経済対策の実施を迫られる。
 そして与党がまとめた緊急対策には、いつの間にか定額減税が盛り込まれた。「一体どうなっているんだ。経済対策は必要だが、赤字国債を発行して減税とは何事だ。」福田さんはそう思って絶望的な気持ちになったのではないだろうか。総理の座にとどまっても、自分の考える政策が実現できないばかりか、思いとは反対のことをしなければならないのでは、これ以上総理大臣を続ける意味がない。恐らく、福田さんはそう考えたのだと思う。
 思い出すのは福田さんの父で、総理在職中の総裁選挙で大平幹事長(当時)に敗れた福田赳夫元首相である。「天の声にも変な声が」という名言で無念さを表現したが、本選挙を辞退し、潔く退陣した。同じようにあっさりと退陣を決意した康夫氏は、記者の「他人事に聞こえる。」との追及に、「私は自分を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです。」と言い放った。批判精神ばかり旺盛な最近のマスコミに対する名言と私は思う。

<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp