I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



六義園

 「六義園」と書いて「リクギエン」と読む。東京都文京区駒込にある江戸時代の庭園である。徳川5代将軍・綱吉の側用人として寵愛された川越藩主・柳沢吉保が1695年に拝領し、自ら設計、7年の歳月をかけて回遊式築山泉水庭園を造営した。完成時には、吉保は大老格に昇りつめ、甲府藩主に「栄転」していた。吉保は文人で、和歌など古典に造詣が深く、「六義園」の名称は、漢詩の「六義」=風・賦・比・興・雅・頌=という分類法を紀貫之が和歌に転用し、古今和歌集序文に書いた「六義(むくさ)」から来ている。六義園のテーマは吉保が愛した万葉集や古今集の和歌に歌われた天下の絶景を集めることだったのである。元々平坦だった場所に大池を掘り、中之島を配置し、池の北岸に山を築いて、名勝を模した八十八景が形作られた。「紀の川」「妹山」「背山」「田鶴橋」「藤代峠」「渡月橋」など紀州に縁がある名の場所が多数ある。渡月橋は京都・嵐山の渡月橋ではなく、「和歌のうら 芦辺の田鶴の鳴声に 夜わたる月の 影そさひしき」の歌に由来するという。
 綱吉の死後、吉保は隠居し、大和郡山に移封されたので、私はてっきり紀州へ旅した吉保の子孫が紀州の地名を庭内につけたのだと思っていたが、実は吉保自身が和歌ノ浦周辺を和歌発祥の地と認識していて、その周辺や紀の川の景色を庭に取り入れたのだった。
 文京区には御三家水戸の初代藩主・頼房と2代・光圀が築いた名園・小石川後楽園(約70,800u)もあり、「江戸の二大庭園」と並び称される。六義園は面積が87,800uで後楽園より広いが、光圀の手で後楽園が完成したのは1660年代であり、後楽園の方が古い。
 六義園は明治維新後に三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎に買い取られ、岩崎家の別邸となった。弥太郎には庭園趣味があったようで、私の連れ合いの実家があった江東区佐賀町に近い同区清澄の清澄庭園(81,100u)も1878年に弥太郎が入手し、整備している。
 清澄庭園は、和歌山に縁の深い豪商紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ、8代将軍吉宗のころは下総国関宿(今の千葉県野田市)城主・久世大和守の下屋敷だったが、幕末には荒廃していた。屋敷跡に隅田川の水を引き、全国から名石を集めた回遊式築山山水庭園として完成したのは、弥太郎が1885年に52歳の若さで亡くなって以後のことだという。
 清澄庭園も六義園も後に弥太郎の長男が東京市に寄贈し、一般公開された。六義園の北約1kmの北区西ヶ原には、紀州出身の明治の元勲・陸奥宗光の別宅で、宗光の次男が旧古河財閥に養子に出たため古河家の所有となった旧古河庭園もある。大河ドラマ「篤姫」で、紀州藩主から14代将軍になった家茂*を松田翔太が演じて話題になっている折でもあり、紀州藩の江戸上屋敷跡である赤坂プリンスホテルと清水谷公園も含め、紀州ゆかりの都内の庭園を何かのチャンスに「回遊」してみるのも和歌山を知る上で面白いと思う。

*家茂は1846年に紀州藩の江戸屋敷で生まれた「江戸っ子」で、江戸在住のまま49年、3歳の時に紀州14代藩主・慶福となり、1858年=安政5年には12歳で将軍になったため、藩主としての紀州へのお国入りは一度もなかった。ただ、1864年=文久3年に将軍家茂は上洛し、4月末に軍艦で友ヶ島を視察している。


東京・駒込の「六義園」には「紀の川」など紀州ゆかりの地名を示す看板がいくつもある
<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp