I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



天守閣

 今年は和歌山城天守閣再建50周年に当たる。1605年*に落成した最初の天守閣は1846年7月に落雷で全焼し、1945年7月9日の和歌山大空襲で焼失したのは1850年6月再建の天守だが、築造から100年近くを経た旧国宝で、市民の誇りだった。終戦直後、天守閣のない城山に、市民の多くは言いようのない寂しさを感じていたようで、1947年に昭和天皇が和歌山に行幸された時、当時の高垣善一市長が陛下に「今度お越しいただいた時には、天守閣の上から復興した町をご覧いただけるようにします」と約束したと言われている。しかし、当時はまだ市内各地に焼け跡が残っていて、天守閣再建など夢のまた夢だった。
 高垣市長の思いは、4年後に市議会は再建基金積み立てを決めたことで一歩を踏み出し、設計準備や寄付金集めが始まった。だが、「今必要なのは城より住宅だ」という反対論も根強く、ようやく起工にこぎつけたのは、さらに6年後の1957年だった。木造による再建も考えられたようだが、戦後復興期で木材が払底しており、コストや耐火性などを考慮して、鉄筋コンクリート造りで外観は焼けた天守閣と全く同じようにすることに決まった。
 工費見積もりは1億円*。市の一般会計からの支出は1800万円に抑え、県補助金や積み立て基金、競輪競馬の収益金で3200万円、寄付・募金で5000万円を賄う計画を立てた。結果的に寄付・募金は予定を上回り、1年で5750万円集まった。最も大口は松下幸之助さん率いる松下電器産業だった。松下さんは和歌山市の和佐地区出身で、生誕の地は松下公園となり、ノーベル賞受賞者で県出身の湯川英樹さんの書による記念碑が立っている。
 寄付のお願いに行った高垣市長に松下さんは「500万円でいいかね」と即座に約束した。高垣市長は「実は松下さんには小天守*一つ(工費約1600万円)を立ててほしかったのですが…」と暗に増額を求めたようだが、松下さんは「何なら1億円全部出してもいいが、県内の企業や人を差し置いて失礼でしょう」と切り返したという。このエピソードには二つの解釈がある。ケチだった、ふるさと和歌山市に余り良い感情を持っていなかったので500万円しか出さなかったというのが一つで、もう一つは、松下電器が破格の寄付をしたら、せっかくの天守閣が「松下城」と揶揄され、市民に愛される城にはなりませんよ、と松下さんは直感的に思ってたしなめたというものだ。私はもちろん後者の見方を取りたい。
 多くの市民の寄付・募金で再建された天守閣は、市民に愛され、今も市民の心の結節点である。さすが松下幸之助さん。城の将来を確かな目で見通しておられたと感嘆する。
 3年前から50周年に照準を合わせ「城フェスタ」を展開してきた当市としては、様々なイベントで観光客も呼び込み、まちを盛り上げようと考えているが、大敵は「源氏物語千年紀」と銘打って大イベントを始めた京都である。50年vs1000年。厳しい戦いとなった。
天守閣再建50周年の城フェスタを告げる和歌山市の観光ポスター

天守閣再建50周年の城フェスタを告げる和歌山市の観光ポスター







<読売新聞和歌山支局編「和歌山城物語」(ゆのき書房)などを参考にしました>
*最初の天守閣は御三家になる前、浅野幸長時代に建てられた
*入札したところ、各社とも1億3000万円を超え、再入札6回の末、2000万円オーバーの1億2000万円で決着した。
*和歌山城天守閣は連立式といわれる形式で、大天守と櫓のような小天守3つが菱形の4角を構成する形になっている
市長執務室から見たたそがれの和歌山城天守閣

市長執務室から見たたそがれの和歌山城天守閣



<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp