I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



ファラ・フォーセット
 マイケル・ジャクソンの急死で、例によって芸能マスコミは大騒ぎとなったが、同じ6月25日に死去した女優ファラ・フォーセットについては、「マイケル報道洪水」に押し流されてほとんど伝わってこず、あまりの落差の大きさに私などは戸惑いを禁じえない。
 ファラ・フォーセットは1947年2月2日生まれだから、享年62歳。団塊世代(米国ではベビーブーマーと呼ばれるそうだ)の走りであり、私と同学年?ということになる。
 彼女は1976年スタートのテレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル*1」(日本では77年秋から日テレ系で放映)のメンバー、ジル・マンロー役で、ケイト・ジャクソン(サブリナ・ダンカン役)、ジャクリーン・スミス(ケリー・ギャレット役)とともに登場、爆発的人気を得たが、当時はすでに29歳だったわけだ。そのころ彼女はスポーツマン俳優のリー・メジャース*2と結婚しており、ファラ・フォーセット・メジャースと名乗っていた。
 均整のとれた肢体、チャーミングな笑顔を包むタテガミのようにカールした金髪が魅力的だったファラの水着ポスターは当時1200万枚も売れたとされ、その人気は絶大だった。このためハリウッド映画のオファーが殺到し、「チャーリーズ・エンジェル」の方は半年間の第1シリーズだけで降板、ジルの妹クリスという設定のシェリル・ラッドと交代した。
 日本でも81年から3年間「銀座ジュエリーマキ」のCMに起用され、当時は毎晩のようにファラが笑顔を見せながら踊る姿が見られた。私は78年の「シャレード79」、79年の「サンバーン」という主演映画を見たような気がするが、どちらも記憶に残るような作品ではなかった。私生活の方は、リー・メジャースと79年に別居、80年からは6歳上のライアン・オニール*3と同棲、82年にリーと正式離婚した。ライアンとの同居生活は17年に及び、85年には息子レドモンド*4を出産しているが、97年に2人は破局を迎えた。
 しかし、その後も2人の友人関係は続き、06年、彼女が肛門がんを患っていることが判明してからは、良きパートナーとして、ファラの闘病生活を支え続けた。最初の手術は成功したように見えたが、07年5月に再発が確認される。彼女は肝細胞治療を試すため、ライアンの付き添いでドイツ・フランクフルトに行くが、今年4月、肝臓への転移が分かり、カリフォルニアに戻った。インターネット百科事典ウィキペディアによると、5月に、2年半にわたる彼女のがん闘病生活をライアン・オニールがホームビデオ・カメラで撮影し、ナレーションを担当した日記形式の90分ドキュメンタリー「ファラの物語」がNBCテレビで放送され、推定で8900万人が見たと推定される高視聴率番組となった。
 そしてライアンは死期が迫ったファラに6月22日にプロポーズし、彼女もこれを受け入れたと報道されたが、そのわずか3日後に死去した。涙なくして語れぬ「いい話」だ。

 *1 「チャーリーズ・エンジェル」は81年(日本では82年)まで5シリーズ放映された。変装して潜入、危機一髪で犯罪者をやっつける3人の女性探偵の活躍を描く物語で、ボスであるチャーリーは声でしか登場せず、彼女らもボスの顔は知らない。
 *2 リー・メジャースの代表作はテレビシリーズの「600万jの男」(日本では74〜80年にテレビ朝日系で放映された)で、宇宙飛行のテスト中に事故にあい、サイボーグとして復活した元宇宙飛行士という設定の主役を演じた。中学時代からスポーツで活躍、大リーグのセントルイス・カージナルスからも誘いがあったといい、8歳下のファラと結婚していたころはダブルスでテニスのトーナメントに必ず出場していた。
 *3 ライアン・オニールは「ペイトンプレイス物語」「ある愛の詩」「ペーパームーン」などの作品で知られる。1973年の映画「ペーパー・ムーン」で、最年少記録の10歳でアカデミー助演女優賞を獲得し、天才子役といわれた女優テータム・オニールは彼の娘である(母は女優のジョアンナ・ムーア)。
 *4 ウィキペディアによると、レドモンドは08年6月と9月、今年4月に麻薬所持で逮捕された常習者で、拘置されていたため母の死に目に会えなかった。



  映画「サンバーン」のファラ・フォーセット(検索画像から)


<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp