I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



クモワカ事件
 宮崎県の口蹄疫大流行は、感染していない牛も含めて根こそぎ殺処分するという痛ましい形で一応の決着をみたが、この事件をニュースで見聞きして、競馬の世界で有名な、60年近く前に京都で起きた「クモワカ事件」のことを連想した人は少なくないようだ*1。
 クモワカは牝馬のサラブレッドで1948年5月生まれ。3歳の10月から5歳の春*2までほぼ休みなく使われ、32戦11勝(桜花賞2着、菊花賞4着)というかなりの競走成績*3を残していた。ところが夏場の休養中に体調を崩して発熱、連戦の疲れが原因と思われたが、念のために京都競馬場*3の獣医の診察を受けたところ、伝貧の疑いありと診断された。
 伝貧は「伝染性貧血」の略で、馬の病気の中で最も恐れられている伝染性の極めて強い「不治の病」である。牛や豚にとっての口蹄疫同様、殺処分するしかなく、その年1952年12月に当時の蜷川虎三・京都府知事から、年内に殺処分するよう通告が行われた。
 しかし、クモワカはすっかり熱も下がって元気を回復、関係者は誤診の疑いを持ち、馬主・山本谷五郎はクモワカを試験治療用の学術研究馬にしてほしいと要望した。これが認められたのか、殺処分は延期され、クモワカは京都競馬場の隔離厩舎で3年近く元気に過ごした。1955年9月、京都府は隔離厩舎改築を理由にクモワカを移動させるよう要請、クモワカの「死刑宣告」はうやむやとなり、彼女は北海道・早来の吉田牧場へ移送された。
 吉田牧場はクモワカを繁殖牝馬として使うこととし、翌年春に交配を開始、8月に血統名の「丘高」で軽種馬登録協会に登録を申請、57年1月に受理された。ところが翌58年になって協会は丘高がクモワカであることを知り、丘高の登録取り消しと、57年に生まれた丘高の子・天祐の競走馬としての登録を認めないことを決めた。この決定に山本馬主が猛反発し、京都府に殺処分通告を取り消すよう働きかけ、59年3月に蜷川知事が「再検査の結果陰性と認められた」として通告を取り消した。しかし協会は山本馬主の再登録申請を拒否、馬主は登録を求めて民事訴訟を起こし、1審は馬主が敗訴したが、他の複数の馬主や生産者が「登録拒否は不都合」として協会の臨時総会を請求したことから、協会は「クモワカを再診断し、陰性なら登録を認める」と譲歩、診断結果は陰性で、同年9月、クモワカと天祐は登録が認められた*5。この間実に7年が過ぎ、クモワカは12歳になっていた。
 その3年後カバーラップ2世との交配で生まれたワカクモが桜花賞など11勝を挙げ、繁殖入りして生んだのが、海外遠征を前に骨折で世を去った悲劇の名馬テンポイント(天皇賞、有馬記念など11勝)である。悲劇の血統から生まれたテンポイントの物語は、母、祖母と同じ11勝で競走生活にピリオドを打ったことも含め、競馬史に残る因縁話となった。結果的にはクモワカは「無実」だったが、殺さなかった判断は果たして正しかったのか?


*1 このコラムを書くにあたり、インターネットでクモワカ事件に関する記事(ウィキペディアやGrand ma. StoryというHPなど)を参考にしたが、その際、口蹄疫と伝貧について、また宮崎牛とクモワカ事件について記述した書き込みがかなりあることが分かった。古い競馬ファンなら誰でも連想したようだ。
*2 現在の競走馬とは異なり、数え年表記である。
*3 当時、重賞レースは今よりずっと少なく、クモワカは重賞勝ちがなかった。しかし牡馬に混じっての菊花賞4着はかなりの勲章だ。なお、今のGTに当たる秋の4歳牝馬レースは当時なかったので、菊花賞に出る牝馬も少なくなかった。
*4 栗東や美浦にトレーニングセンターができたのはずっと後の時代で、当時は各競馬場に厩舎が付設されていた。
*5 登録が認められた天祐はツキサクラという競争名をもらい、7歳で執念の初出走を果たしたが、未勝利に終わった。


クモワカの孫になる「悲劇の名馬」テンポイント =JRAのホームページから


<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp