I will support Ohashi For tomorrow.
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談



50周年100周年
 活動報告のような話が続いて恐縮だが、50周年と100周年という2つの大きな節目の行事があって、11月9日から4泊6日で米国カリフォルニア州を訪れた*1。50周年は、州南部のベイカーズフィールド市*2と和歌山市の姉妹都市提携である。前にも書いたが、1961年の調印以後、相互訪問や青少年の交換ホームステイなど文化交流が続いている。日系人は3−4人しかいないが、姉妹都市委員会には市長はじめ市の有力者が多く加わっている。
 私にとっては5年ぶり3度目の訪問で、一行は和田秀教市議会議長はじめ7人の市議と通訳や事務方の職員の計14人。9日夕刻にロサンゼルス到着*3、翌朝バスで約3時間、スー・ストーン姉妹都市委員会会長らが出迎えるホテルに着き、早速市役所に行ってホール市長を表敬訪問した。1991年、30周年の時に和歌祭のグループが訪問団に加わり、携行した小型の神輿を先頭に市内をパレード、その時寄贈した神輿が今も市庁舎に飾られている。実は20年前も和田議長で、訪問団にも参加していた。今年20年ぶりに再び議長になった和田さんは、神輿に付属している太鼓の「議長 和田秀教」の墨書を感慨深げに見ていた。
 同夜の記念式典歓迎兼パーティーは、ホール市長夫妻や姉妹都市委員会メンバーら50人近くが参加し、心のこもった歓迎をしていただいた。翌11日は退役軍人を称える米国の祝日「ベテランズデー」で、ベイカーズフィールド市でもパレードが行われ、私たち訪問団も参加した。お祭りの常で、パレード車の出発待ちの時間が長かったが、韓国や中国、メキシコなどの姉妹都市の留学生たちも相乗りで町中の人が温かく手を振ってくれた。
 11日夜は横浜に住んだこともある会員夫妻が住む65歳以上の人々専用の団地*4集会所で開催された手作りパーティーに参加、英語の歌しかないカラオケ(当然である)に興じた。またヘタな歌を歌って、委員会の皆さんとすっかり打ち解け、楽しい時間を過ごせた。
 翌朝、広大な果樹農園を視察してから再びロサンゼルスへ。今度は100周年行事である。県や御坊市・日高郡*5からの訪問団とともに、今年設立100周年を迎えた南加和歌山県人会主催の歓迎パーティーに出席した。日系人ばかりなので、通訳なしで済むのがうれしい。
 記念式典は翌日午前11時から隣のモンテベロ市にあるゴルフ場のクラブハウスで約500人が参加し、盛大に開催された。和歌山県は明治以後移民が盛んで、南米*6やカナダは有名だが、戦前戦後にカリフォルニアにも大勢が移住した*7。戦時中は強制収容されるなど苦難の連続だったようだが、故郷を思い、県人会を心の支えに耐え抜いて今日を築いてこられた方たちばかりで、その重みの伝わる式典だった。それにしてもアメリカの式典は長い。雑談がまず1時間、昼食後にセレモニーと続き、その日帰国する我々は式典途中で退席せざるを得なかったが、アトラクションが延々と続き、終了は18時過ぎだったそうだ。



*1 10月の中国・済南市訪問に次いで今年2度目の海外出張である。前回書いたが、2つの海外訪問の間の11月1〜2日に中核市サミットのホストを務め、7日には第二阪和国道・和歌山岬道路の要望活動で東京へ日帰りしたので、旅行準備の時間もほとんどなかった。今年は例年にも増して忙しい気がする。
*2 ベイカーズフィールド市はロサンゼルスの北北西約200kmの内陸部にある人口約34万人の都市。果樹をはじめとする大規模農業が盛んで、石油も産出する裕福なまちだ。年に数回しか雨が降らないそうだ。和歌山市が1960年ごろ海外との姉妹都市提携の相手探しをしていたところ、ベイカーズフィールド市が日本の都市との提携を希望していることが分かって縁組となったようだ。同市は和歌山市にとって初の姉妹都市で、その後カナダ・リッチモンド市、中国・済南市(友好都市)、韓国済州市と提携が結ばれた。
*3 9日夜、関西空港から羽田経由でロスに向かい、時差の関係で同日夕刻にロス空港に着いた。
*4 高層マンションではなく、1戸建ての住宅が並ぶプール付きの団地である。
*5 日高郡美浜町の「アメリカ村」が有名だが、日高郡と御坊市の全域が移民の町といってもいいほど大勢の移民を送り出しており、縁戚関係の方などが今回大勢訪問したようだ。なお、私が生まれた下里(東牟婁郡那智勝浦町)や隣の太地町からの移民も多かったようで、何人かの下里出身の方と式典会場であいさつさせてもらった。
*6 今回の式典にはブラジル在住の和歌山県人会から正副会長が招かれて参加していた。
*7 私の父は県の公室長時代の昭和30年に戦後初のカリフォルニアへの移民48人を引率して船で神戸から米国に行ったことがあり、式典でのあいさつの時、その話を披露した。


(上)11月10日午前、ベイカーズフィールド市役所でホール市長に永年の友好努力に対する感謝状を贈り、記念撮影
(下)11月13日午前、ロサンゼルス市隣接のモンテベロ市クワイエットキャノンで開催された南加和歌山県人会の会場外で、横断幕を下にして記念撮影 =いずれも現地時間


<back>
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp