明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




おめでとう!小久保選手

 福岡ソフトバンクホークスの小久保裕紀内野手(和歌山市出身*1)が6月24日の対日本ハム戦で2000本安打を達成した。40歳7ヵ月、出場1997試合目の快挙である。度重なる大けがなどトラブルに見舞われ、今シーズンも「あと1本」で腰痛のため登録抹消になるなど苦難続きだったが、1ヵ月余で復帰し、初戦で記録に到達した強い精神力に敬服する。
 今季は既に北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀と、東京ヤクルトスワローズの宮本慎也が相次ぎ2000本安打を達成済みで、小久保は通算41人目の2000本達成者となる。1シーズンに3人以上2000本ヒッターが誕生したのは過去1985年と83年の2回だけ*2だ。
 小久保は71年10月8日生まれ。和歌山市立砂山小学校、西和中学校、県立星林高校と野球を続け、89年青山学院大学に進学*3、東都大学野球で活躍し、92年バルセロナ五輪日本代表に大学生で唯一選出され、日本の銅メダル獲得に貢献する大活躍*4をした。93年には主将として青学を初の大学野球日本一に導き、ドラフト逆指名でホークスに入団した。
 プロ19年間は波乱万丈で、王監督初年の95年に本塁打王、97年は打点王に輝いたが、98年は開幕から8週間出場できず、復帰後すぐ右肩に重傷を負う不運もあって、出場17試合に終わる。99年から02年までは右肩の後遺症と背筋痛や肉離れと闘いつつ99〜00年のリーグ連覇*5に貢献、00年から3年連続30本塁打超え*6を達成した。だが翌年のオープン戦で右ひざに重傷を負い*7、03年は出場ゼロ。オフに巨人へ無償トレードされた*8。
 巨人での04年は、後半から4番を打ち、打率.314、本塁打41本。その後も06年序盤戦まで主力打者として活躍*9したが、6月に骨折、シーズン終了後ホークス*10に戻った。
 ホークス復帰後もけがとの戦いが続き、07年は8月に死球で骨折、08年は左手首の手術で開幕に間に合わず、9月に再び負傷してチームも最下位に終わった。09年は全試合出場したが、10〜11年は首・肩痛などで何度も戦線を離脱、そのたびにチーム成績が降下、復帰するとチームが元気になる現象が繰り返された。特に11年は開幕戦で死球骨折、8月初旬にまた死球骨折、9月半ばには首痛で抹消され、98試合出場、92安打に終わり、達成が期待されていた2000本安打は持ち越しになった*11。しかし、チームは小久保が出場していた間の“貯金”が物を云ってリーグ優勝。CSと日本シリーズでは復帰した小久保の大活躍で見事日本一に輝き、小久保は40歳1ヵ月でのシリーズ最年長MVPを獲得した。
 小学校時代に砂山少年野球クラブで育った小久保は毎年オフに和歌山を訪れ、和歌山市内の少年野球各大会上位チームによる「小久保杯」大会を開催して小学生たちに自らコーチするなど、郷土の後輩を常に温かく見守ってくれているプロ中のプロである。19年間のプロ生活で首、ひざなど8度の手術を受けながらの偉業達成、おめでとう!ご苦労さま。
 
*1 和歌山市出身の選手で2000本安打達成者は1983年の藤田平(阪神)に次いで2人目、29年ぶりの快挙である。
*2 85年は谷沢健一(中日)、若松勉(ヤクルト)、有藤道世(ロッテ)が、83年は藤田平のほか衣笠祥雄(広島)、福本豊(阪急)、山崎裕之(西武)の4人が2000本に到達している。
*3 ウィキペディアによると、野球だけでなく学業も優秀で、授業中寝たことも宿題を忘れたこともなく、青山学院でも3年までに必要な単位を取得したという。
*4 予選リーグで2ホーマー、銅メダル獲得につながった対アメリカ戦で2本のタイムリー二塁打を放った。
*5 99年は日本シリーズで中日を破り、日本一となったが、選手会長となった00年はリーグを制覇したものの、4番の重責と選手会長としての責任感から行った日本シリーズ前の猛特訓がオーバーワークとなって調子を落とし、極度のスランプとなり、チームも巨人に日本一の座を奪われた。
*6 各年の本塁打数は、2000年31本、01年44本、02年32本。
*7 3月6日、西武とのオープン戦で本塁突入時に捕手と交錯、右ひざ前従事靭帯断裂、内側靱帯損傷・外側半月板損傷、脛骨・大腿骨挫傷。アメリカで治療とリハビリを行い、1試合も出場できなかったが、チームはリーグ優勝し、4年ぶりの日本一になったので、優勝決定時には帰国して胴上げに加わった。
*8 寝耳に水の「無償トレード」にはファンも驚いたが、同僚選手も衝撃を受け、優勝旅行をボイコット、当時の中内功オーナーが球場を訪れても選手はだれもあいさつしなかったという話が残っている。
*9 05年は34本塁打を放ち、06年シーズン開始時に巨人への移籍選手では初めて主将となった。
*10 ホークスはダイエーから04年オフにソフトバンクに身売りされ、中内オーナーではなくなったことで小久保に復帰の可能性が生まれたが、巨人との契約が2年(球団が望めば3年)となっていたため、07年まで復帰を待ったと思われる。
*11 94年プロ入りの小久保は、稲葉、宮本より1年先輩で、10年のシーズン終了時は小久保が1870安打、稲葉が1842安打、宮本は1832安打だった。つまり昨シーズン開始時には小久保が記録への最短距離におり、昨季130本ヒットを打っていれば2000本に届いていたが、故障のため92本しかヒットが打てず、稲葉、宮本に抜かれたわけである。なお、小久保の場合03年が出場ゼロで、98年も17試合しか出ていないため、2000本到達までの試合数はあまり変わらず、稲葉、宮本は共に1976試合目での達成、小久保は1997試合目だった。


昨年11月27日、和歌山市民球場で行われた「小久保杯」の開会式で小久保選手と記念撮影


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url