明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




太田道灌

 江戸城を最初に築いた太田道灌*1(1432〜1486)は室町時代の武将である。足利幕府初期の関東地方は、尊氏が鎌倉に置いた鎌倉公方を頂点とする支配組織の統治下にあり、将軍に任命された関東執事(後に関東管領と呼ばれる)が公方(足利氏)を補佐する体制だった。その後、将軍家の姻戚として勢力を強めた上杉氏が3代将軍義満のころから関東執事を世襲するようになったが、上杉氏は兄弟など身内の対立が激しく、内部抗争が続いた。
 結局、山内上杉家とその庶流・扇谷上杉氏が、他の上杉諸家*2に勝ち、以後は山内家が関東管領を独占した。道灌の太田家は扇谷上杉家の家宰(執事)だったが、抗争を通じて徐々に力をつけたようだ。一方、このころから京都の足利将軍家と鎌倉公方が対立するようになり、山内家が将軍側について鎌倉公方・足利持氏を滅ぼしたり、持氏の子・成氏が関東管領山内憲忠を暗殺する争乱となった。成氏は幕府軍に攻められ下総古河(こが=茨城県古河市)に逃れ、古河公方と称して利根川の東*3を支配、関東管領陣営と対峙した。
 太田道灌は、古河公方陣営の有力武将だった房総の千葉氏を抑えるため、江戸に城を築き、1457年4月8日に江戸城が完成した*4。その後も戦乱が続いたが、道灌は30年に及ぶ30回以上の合戦を戦い抜き、1482年、ようやく古河公方と上杉氏の和議が成立した。
 しかし、上杉家内の紛争は、山内家と、道灌の活躍で声望を高めた扇谷家の対立という形で再び火を噴き、その最中、道灌は1486年7月、扇谷定正の館*5で入浴後を襲われ死亡した。戦乱の中で力をつけ過ぎた道灌を恐れた定正の指示とみられる。しかし、道灌の死後も続いた抗争で、結局山内家も扇谷家も衰退し、北条早雲に攻められ、勢力を失った。
 さて、太田道灌といえば有名なのは山吹伝説で、にわか雨にあった道灌が蓑を借りようと農家に立ち寄ったが、出てきた娘は山吹の花を一輪差し出した。意味が分からず戸惑った道灌が家臣にこの話をしたところ、後拾遺和歌集の古歌「七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)一つだになきぞ悲しき*6」に掛けた奥ゆかしい断りと知り、恥じた道灌はその後歌道にも励んだというエピソード*7である。道灌は文武両道の才人だったようだ。
 話が急に飛ぶが、私が奈良支局の駆け出し記者時代に最もお世話になった先輩である石倉明支局次長*8(当時)がこの8月に81歳で亡くなった。ここ数年、播州地方の施設におられたため、葬儀は姫路で行われた。私は時間の都合がついたので、通夜に参列したが、その席で喪主としてあいさつに立った一人娘の松井和佳・兵庫県立大学教授が「歴史好きの父が亡くなる直前まで、『あの太田道灌の七重八重は何の花だったかなあ』と、毎日のように問いかけては、『そや、山吹やった』と一人で納得していた」というエピソードを披露した。それが私の頭にこびりついているので、今回、太田道灌のことを書いた次第である。
 
*1 道灌は出家後の名前で、1473年ごろまでは太田資長と名乗っていた。
*2 3度にわたり関東執事・管領になった上杉憲顕が山内家の祖で、その兄弟だった宅間上杉家、犬懸上杉家などが戦乱の中で衰亡していった。扇谷上杉家は尊氏の母方の叔父・上杉重顕を祖としている。重顕の兄弟である憲房の嫡子が憲顕である。
*3 当時、利根川は埼玉県春日部市から草加市を経て、今の江戸川のルートで東京湾に流れ込んでいた。
*4 秩父を本拠とする秩父党の一族で武蔵国湾岸を治めていた江戸氏の勢力が衰え、代わって道灌がこの地に勢力を広げた。江戸城はしたが、徳川家康時代に大拡張されるまでは小さな城だった。
*5 道灌は神奈川県伊勢原市にあった糟屋館に招かれ、風呂場の入口で扇谷定正の家臣・曽我兵庫に斬り倒された。
*6 山吹の歌は平安時代の兼明親王の作(後拾遺和歌集1154)。兼明親王(914〜987)は醍醐天皇の第16皇子。
*7 古典落語「道灌」の題材にもなった有名なエピソードだ。
*8 石倉明氏は京大時代から作家の小松左京と親交があり、毎日新聞社では和歌山支局に10年勤務し、奈良支局次長、同支局長などを歴任。次長時代に高松塚古墳が発見され、支局長時代には太安万侶の墓碑発見大ニュースに遭遇するなど、文化財記者として活躍した。




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url