明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




名将・西本幸雄

 和歌山市が生んだプロ野球の名将・西本幸雄元監督は、昨年11月25日、91歳の天寿を全うされたので、昨日が一周忌の命日である*1。今年新たに市の偉人・先人として顕彰*2、ゆかりの品や思い出の写真を集めた「名将・西本幸雄展」を6月に市の主催で開催した。
 西本元監督は戦前の中等野球(今の高校野球)の名門・旧制和歌山中(現県立桐蔭高)出身で、4年生の秋にラグビー部から野球部にスカウトされた。当時は嶋清一投手*3を擁する海草中の全盛時代で、5年生だった1937年夏の予選は海草中に敗れ、甲子園出場は果たせなかった。しかし、立教大進学後も野球を続け、監督不在のチームで実質的なプレイング・マネジャー役を務めた。卒業後、社会人野球に進み、プロ入り直前に所属した別府星野組でも選手兼監督を務めており、若いころから指導者としての才能があったようだ。
 1950年、2リーグに分かれたプロ野球の毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)に30歳で入団、一塁手として同年のオリオンズ日本一に貢献した。55年に現役引退、オリオンズ*4二軍監督や一軍コーチを務め、別当薫の後を受けて60年に監督に就任した。
 このシーズン、大毎オリオンズは田宮、榎本、山内、葛城らのミサイル打線が火を噴き、プロ野球記録*5に並ぶ1引き分けを挟んで18連勝という快進撃でリーグ優勝を果たし、大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)との日本シリーズに臨んだが、大毎圧倒的優勢の下馬評に反して4連敗、スクイズ失敗などの采配をめぐって永田雅一オーナーと大ゲンカとなり、監督を辞任した。「悲運の名将」といわれた西本監督の第1幕である。
 その後、63年から阪急ブレーブス(現・オリックスバファローズ)で11年、近鉄バファローズ*6で7年監督を務め、阪急で5回、近鉄で2回リーグ優勝したが、ついに日本一になれなかった。特に、1979年の広島東洋カープとの日本シリーズは、第7戦までもつれ込み、9回裏を迎えた。得点は4‐3で広島がリード、抑えの江夏がマウンドに上る。先頭の羽田が初球を中前に運び、代走藤瀬が二盗、捕手の悪送球で無死三塁となる。アーノルドは四球、代走吹石二盗で、平野は敬遠四球、無死満塁となった。しかし代打の佐々木は三振、次の石渡の1ストライクからの2球目、西本監督はスクイズを命じる。投球体制に入っていた江夏は「スクイズだ!」と直感、ボールを外す。空振り、三塁走者藤瀬は飛び出してタッチアウト、石渡も三振に終わった。野球史に「江夏の21球」として残る話だ。
 翌年もリーグ連覇したが、同じ広島に3―4で敗れ、81年限りで西本監督は引退した。
 西本元監督とは08年、嶋清一投手の野球殿堂入りを祝うパーティーが和歌山市で開かれた時にお目にかかった。87歳になっておられたが、頭はしっかりしていて、プロ野球のご意見番らしい風格と素晴らしいお人柄、何とも言えない優しさを感じたのを覚えている。
      ×   ×   ×
 またまた諸事情で余談独談が続くことになった。次回、次々回は惰学記の予定である。
 
*1 一周忌ということで、11月24〜25日に大阪・心斎橋のスポニチプラザで記念展が開催され、私もお邪魔させてもらった。
*2 2012年1月12日、これまでの10人に加え、幕末期から明治初期にかけて70年間の世相や暮らしなどを克明に記した日記を残した川合小梅(1804〜1889)、日本の航空界の先駆者で気球や飛行船の実用化に功績のあった山田猪三郎(1863〜1913)、ジャーナリストとして日本の新聞界の近代化に貢献した杉村楚人冠(1872〜1945)、近代日本画壇の扉を開けた日本画家の下村観山(1873〜1930)、海軍大将で、退役後外相や駐米大使を務め、太平洋戦争回避の道を探り続け、戦後は日本ビクター社長、参院議員としても活躍した野村吉三郎(1877〜1964)の5氏と西本元監督を顕彰した。
*3 海草中学のエースだった嶋清一は1939年夏の甲子園大会(全国中等学校選手権)で、5試合連続完封、うち準決勝・決勝はノーヒットノーランという空前絶後の記録を樹立した。明大進学後43年に学徒出陣し、終戦の年の3月、インドシナ半島沖の海戦で戦死、25歳だった。2003年に和歌山市の偉人として顕彰している。
*4 毎日オリオンズは1955年のオフに永田雅一オーナーの大映ユニオンズと合併、56年からは「大毎オリオンズ」となって永田がオーナーに就任した。
*5 プロ野球のチーム連勝記録は1954(昭和29)年に南海ホークス(現・福岡ソフトバンク)が打ち立てた18連勝で、今も破られていない。しかし、このシーズン、パ・リーグ優勝したのは三原脩監督率いる西鉄ライオンズ(現・埼玉西武)だった。南海は91勝49敗で、90勝47敗3分けの西鉄に勝ち数で勝りながら2位となった。1960年の大毎の18連勝(1引き分けを挟む)もタイ記録として認められている。
*6 近鉄バファローズは04年シーズン終了後オリックスブルーウエーブと合併、オリックスバファローズとなった。


闘将・西本幸雄一周忌展
大阪・心斎橋のスポニチプラザで開催された「闘将・西本幸雄一周忌展」に私も出掛けた=11月24日


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url