明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




大空へ かけた夢

 当コラムを読んでくださっている皆さんは和歌山市が「偉人・先人」として顕彰している我が国航空界のパイオニア、山田猪三郎(1864〜1913)のことをご存じだろうか*1。 
 猪三郎は今の和歌山市堀止西で紀州藩士の子として生まれた*2。幼いころから自然観察が好きで手先も器用だったらしく、近所の和歌川の流れや、水の抵抗、ものを浮かべた時の浮力などを観察していた。しかし、明治維新で父が失職し、苦しい生活が続いたようだ。
 猪三郎22歳の1886年10月24日、串本沖で英国の貨物船「ノルマントン号」が遭難、英国人の船長ら26人の乗組員は救助されたが、日本人25人とアジア各国の12人は船室に放置され、全員死亡した。治外法権の不平等条約時代で、船長だけが禁固3ヵ月という軽い判決に我が国世論は沸騰したが、猪三郎は「怒るだけでは解決しない。水難事故から命を守るためにゴムで携帯用の救命具を作ろう」と決意、大阪に出かけ、手先の器用さを生かして外国人技師からゴム製品の製造法を学び、3年後、救命具は完成し特許を取った。
 さらに、92年には東京・高輪に工場を建設、日本初の折りたたみ式ライフジャケット(浮器)を開発。その後、空に目を向け*3、ゴム加工の技術を生かした気球製作に着手し、8年後の1900年に風に強い卵形の「山田式凧型」係留気球*4が完成した。気嚢は絹布を二重にした布地にゴムを塗ってガス漏れを防ぎ、風に乗って凧のように上昇するよう工夫した。この気球は軍に採用され、日露戦争の旅順攻略作戦では偵察に大きな成果を上げた。
 猪三郎はさらに、自在に空を飛べる飛行船制作に取り組み、10年に山田式飛行船1号機を東京上空に浮かべ*5、11年9月には3号機*6で東京上空20km、25分の周遊飛行を実現した*6。ところが、山田式飛行船は陸軍に採用されず*7、猪三郎は資金に窮し、辛亥革命前夜の中国革命軍のオファーを受けて、12年に4号機大鵬号を中国に持ち込み、デモンストレーション飛行を成功させた。だがその夜の暴風雨で飛行船は跡形なく吹き飛ばされてしまう。猪三郎は失意の帰国途上の船内で病を得て、翌年4月8日に死去、満49歳だった。
 猪三郎の17回忌*8に地元の有志が和歌山市の景勝地・高津子山のふもとに顕彰碑を建てたが、その後彼の功績は長く忘れられ、碑も一時は倒壊寸前だった。飛行船初飛行100周年となる2010年ごろから地元のグループが立ち上がり、顕彰会を結成。碑を修理しきれいに磨くための募金活動を行い、多くの賛同者の寄付で顕彰碑はよみがえった。今年は猪三郎没後100年。命日の4月8日に「大空へ かけた夢 山田猪三郎物語」という本*9が顕彰会から上梓され、出版記念会も開かれた。私も参加し、猪三郎の曾孫で今も観測用の気球製作に携わる葛C球製作所(東京)の豊間清社長ら多くの関係者が顕彰碑に参拝した。
 濱口梧陵、陸奥宗光、南方熊楠、そして山田猪三郎、松下幸之助……。昔の紀州人には、時間や空間のはるか先を見つめていた人が多かった。見習わなければと思うが難しい。
*1 グーグルで山田猪三郎を検索しても和歌山ローカルか宇宙航空分野の関係者などの10,000件余りしかヒットしない。和歌山市が山田猪三郎と一緒に顕彰した戦前のジャーナリスト杉村楚人冠には22,000件以上のヒットがあり、それと比べても知名度は低いようで、世間一般にはほとんど知られていないような気がする
*2 今の暦では誕生日は1864年1月9日だが、旧暦では文久3年12月1日で、この年は8月には京都で政変が起き、三条実美ら尊王攘夷派の公家7人が追放され長州に逃れた物情騒然たる時期である。
*3 親しかった陸軍工兵大佐の「これからは空を目指せ」という言葉に触発されたという。
*4 従来型の球形の気球は風に飛ばされやすく、高く上げられなかったが、「山田式凧型」は150mまで上がった。
*5 エンジンを備えた長さ30mの山田式飛行船は空での転覆防止のため逆三角形の気嚢を持ち、期待と機能をつなぐ繋索と気嚢を引っ張る牽引策を別にすることで安定度を高めた。1号機は高輪から移転した大崎の工場から駒場までの往復飛行に成功した。
*6 1911年2月完成の2号機は、大崎から神宮外苑までの飛行に成功したが、着陸後、強風で壊れたため7月に3号機を完成させた。9月の飛行成功により、国土交通省と日本航空協会は9月20日を「空の日」と決めた。
*7 陸軍は「山田式」よりドイツ製のパルセバール式飛行船の方が優れているとして、飛行船をドイツから購入することを決めた。2号機が壊れたことが陸軍に悪印象を与えた可能性がある。
*8 顕彰碑設置は1929年4月8日。
*9 「山田猪三郎物語」は印刷・製本=潟Eイング、発行=山田猪三郎顕彰会(小林護代表 ☎ 073-445-0494)
なお、今回の記述の大半は「山田猪三郎物語」を参考にした。


mapmap
(上)(左)和歌山市新和歌浦の高津子山ふもとに立つ山田猪三郎の顕彰碑は、市民の力で修復され、きれいに磨かれていた(2013年4月8日)(上)(右)顕彰会が刊行した「大空へかけた夢 山田猪三郎物語」の表紙(下)表紙の見返しページに掲載されている「山田式飛行船1号機」の仕組み図
map


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url