明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




オクラホマミキサー

 中学校時代に教わったフォークダンスの中でも「オクラホマミキサー」は最も定番で、中年過ぎの多くの男女にとって、思春期の甘い思い出の一つになっていると思われる。
 「オクラホマミキサー」は、男女がペアで手と手を取り合って踊り、次々にパートナーが変わっていく*1のがポイントだろう。好きな子が輪のどの辺で、何人後に自分とペアになるかを気にしながら踊っている人が大半で、なぜか目当ての異性が隣まで来た時に音楽が終わる不運を味わった人も多いはずだ。この現象を「アンサイクロペディア*2」はアインシュタインが1901年に発見した「オクラホマミキサーの法則*3」と説明、マーフィーの法則*4の先駆をなすものと記しているが、もちろんジョークであり、そんな事実はない。
 実は、惰学記歌シリーズアルファベット編「O」回に「Oklahoma Mixer」を書こうと考えて調べたら、意外にも「オクラホマミキサー」という曲名は日本でついたもので、日本以外では通じないことが分かった*5。だからアインシュタインが「オクラホマミキサー」を知っているはずがないのである。元のメロディーはアメリカ民謡とされるが、米国でのタイトルは「Turkey in the Straw」で、日本でも「藁の中の七面鳥」という題で小学校時代から親しまれている童謡と同じである。ミキサーというのは男女パートナーが次々交代していくダンスの形式を言うようで、「オクラホマ風のミキサー(ダンス)」という意味でついたタイトルらしいが、米オクラホマ州の人に聞いても、首をかしげるだけだそうだ*6。
 私の青春前期にも「オクラホマミキサー」の思い出はいくつもある。和歌山大学附属中学校時代に初めて覚えたが、当時の同学年は3クラスとも男子の方が2人ほど多く*7、あぶれて不運にも女役に回される級友が必ずいた。本人は一見平静を装っていたが、内心、はらわたが煮えくりかえっていたのでは、と思う。そうかと思えば、私には全く理解できなかったが、「女の子と手をつなぐなんて嫌だ」と、頑として教室を出ない男子がいた。クラスの男子全員でその子を校庭に引きずり出したりしたが、それでも必死に拒むので、ついに踊りに参加させるのをあきらめたこともあった。あれは、いじめになるのだろうか。
 中3の3学期に東京の中学に転校し、受験までの短い間に別のクラスで可愛い子を見つけた。卒業式直前に小金井公園への遠足があり、設けられたフォークダンスタイムの「オクラホマミキサー」で、その子と当たってうれしかった。3年後、大学に入ってすぐ、ばったり出会ったことがあり、懐かしくて声をかけたが、彼女は全然覚えていなかった。
 高校の運動会の時にも似たような思い出があり、これもまた別のクラスの可愛い女生徒に「オクラホマミキサー」で3回当たった。彼女が「3度目ね」とささやいたので、ノボせてしまい、大学受験直後の発表前に彼女を映画に誘ったら一発で振られてしまった。
*1 オクラホマミキサーの踊り方はウィキペディアやYOU TUBEで検索すると、いっぱい出てくる。
*2 アンサイクロペディア(Uncyclopedia)は百科事典=encyclopediaに否定の接頭語「un-」をかぶせた造語で、非百科事典を意味する。インターネット百科事典ウィキペディアのパロディ版で、日本版は「ウソ八百」から「八百科事典」と称している。書かれていることはもっともらしいが、もちろん本当ではない。
*3 NHKラジオの人気番組「ラジオ深夜便」で、本気かジョークのつもりかは分からないが、「オクラホマミキサーの法則」が紹介されたことがあり、聴取者を中心にアインシュタインが本当に発見したのだと信じている人が何人もいるようだ。
*4 マーフィーの法則は、米国空軍から生まれた経験則に基づく失敗に関するジョーク集であり、警告集でもある。「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」など、多くの人をうなずかせる警句が盛られ、一時期日本でも流行した。
*5 従って惰学記に「Oklahoma Mixer」を書くのはあきらめ、視点を変えて余談独談「オクラホマミキサー」とした。
*6 本年1月8日の惰学記「All My Love」で、パティ・ペイジがオクラホマ出身と書いたが、もちろん彼女も首をかしげたはずだ。
*7 当時の1クラスは52〜53人が普通で、なぜか男子が27〜28人、女子は24〜25人だった。




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url