明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




紀州徳川家

 名古屋には立派な徳川美術館があって、尾張徳川家ゆかりの豪華な品々が所狭しと展示されているが、紀州徳川家には美術館はおろか、伝来の美術品というものが存在しない。
 13代藩主だった慶福(よしとみ)が14代将軍・家茂となったため、紀州藩は支藩である伊予・西条藩*1から茂承を迎えて14代藩主とした。しかしこのころは幕末の戦乱期で、1866年の第二次長州征討では、茂承が家茂から先鋒総督を命じられたため莫大な戦費を費やす羽目になる。また翌年は藩の軍艦明光丸が瀬戸内海・鞆の浦沖で坂本龍馬ら海援隊の借り受けた蒸気船いろは丸と衝突、沈没させた「いろは丸事件」があり、賠償金70,000両*2を払わされた。さらにその翌年、戊辰戦争時には幕府軍の敗兵が多数紀州藩に逃げ込んだため、新政府軍に攻撃されそうになった。この時、茂承は自ら病を押して京都に参上、藩兵1500人と軍資金15万両を献上して恭順の意を表すことで、何とか討伐を免れた*3。
 明治維新後の紀州徳川家が手元不如意となったのは、こうした事情からかと思っていたが、そうでもなかった。1871年の廃藩置県で和歌山藩知事を辞職した茂承は東京に居を移し、最初は紀州藩の中屋敷(今の迎賓館と赤坂御用地)に住んでいたが、その2年後、皇居江戸城西の丸が焼失した時に皇室に屋敷を献上し、麻布飯倉の邸宅*4に移ったという。
 茂承は新政府の下で困窮する旧紀州藩士の協同組合のような「徳義社」設立を思い立ち、10万円を拠出、その子弟のために和歌山に徳義中学校を設立するなど旧紀州藩士援助に奔走した。その子頼倫は英国留学し、南方熊楠や孫文と親交があったが、帰国後の1902年、飯倉の屋敷内に「南葵(なんき)文庫*5」という私立図書館を開設、さらに1911年、数十万円の基金を拠出して南葵育英会を設立、紀州出身者に奨学金貸与、学生寮を提供した。
 16代当主の頼貞*6は音楽に傾倒して本格的な音楽堂建設を志し、南葵文庫近くに「南葵楽堂」を第一次大戦終結直前の1918年10月に開設した。楽堂地下に音楽文庫*7が設けられ、1920年には楽堂内にアボット・スミス社製の7万円のパイプオルガン*8が設置された。
 しかし、こうした散財と度々の欧州豪遊で紀州徳川家の家計は大きく傾いた。関東大震災(23年)やその後の金融恐慌の影響もあり、多額の借金を抱えた紀州徳川家は、藩祖頼宣に献上された加藤清正の兜*9など家宝や伝来什器を1925年以後計3回売却し、500万円余を得たほか、都内の所有地の多くを売却した。しかし、頼貞の荒い金遣いは変わらず、頼倫から受け継いだ遺産3000万円(今の金で1700億円!)を使い果たしたといわれる*10。32年には音楽文庫を閉鎖*11、37年には代々木上原屋敷を分譲売却したが、事業の失敗も重なり、家宝はほとんど散逸した。茂承−頼倫−頼貞の3代は、和歌山や音楽のために気前良くお金を使ってくれたが、その結果、紀州徳川家の貴重な宝は消えてなくなった。
*1 伊予西条藩は現在の愛媛県西条市周辺を所領とした藩で、江戸幕府初期は外様の一柳(ひとつやなぎ)家が68,000石の大名として治めていたが改易され、1670年に紀州藩主徳川頼宣の次男松平頼純が30,000石で入り、紀州藩の支藩となった。紀州5代藩主吉宗が将軍になった時、西条藩2代松平頼致が紀州6代藩主宗直として紀州藩を継ぎ、紀州13代慶福が14代将軍になった時は、西条藩9代松平頼学の6男頼久が紀州家を継ぎ、14代徳川茂承となった。西条松平家は参勤交代をしない江戸定府の大名で、茂承も江戸に生まれ、西条には行ったことがない。14代将軍家茂も江戸生まれで、茂承とは幼いころから行き来があった。
*2 大雑把に1両=40,000円として現在の貨幣価値に換算すると70,000両は28億円くらいになる。当初の賠償額は83,526両余だったが、紆余曲折を経て減額された。なおこの賠償金支払い時には坂本龍馬は既に京都で暗殺されており、70,000両の行方は不明である。
*3 この時、新政府の岩倉具視らに顔が利いていた陸奥宗光が活躍し、茂承の申し出を新政府に取り次いで藩の窮地を救ったとされる。
*4 麻布飯倉の屋敷は現在の港区麻布台1丁目にあった。現在の日本郵政グループ飯倉ビル、外務省飯倉公館・外交史料館、麻布小学校の一帯で、約12,000坪(47.5f)あったという(村上紀史郎著「音楽の殿様 徳川頼貞」=藤原書店)。宜子さんによると、飯倉以外にも都内にいくつもの屋敷があったそうだ。調べてみると、芝白金三光町(現港区白金5丁目あたりか)、代々幡村代々木上原1177番地(現渋谷区上原3丁目)、荏原郡上大崎町森ヶ崎(現品川区上大崎3丁目)、杉並区天沼3−725などが屋敷のあった場所として記録に残っているようだ。どの屋敷にも多数の美術品や、高価な什器、調度品があったと思われる。
*5 南葵は南の葵(あおい)ということで紀州徳川家を意味し、「南紀」とも音が通じるところから、シャレてしばしば使われた。南葵文庫には紀州徳川家伝来の2万冊をはじめ貴重な書籍が多数あった。関東大震災後閉鎖され、書籍は東大図書館に寄贈された。なお建物は移築され、熱海伊豆山のホテルVILLA DEL SOLとなり、登録有形文化財として残っている。なお、この辺の話は、紀州徳川家19代当主の徳川宜子(ことこ)さん*4が昨年和歌山市で行った講演も参考にしている。徳川宜子さんは建築家で、数々の賞を受賞している。紀州徳川家は明治以後も14代茂承から15代頼倫、16代頼貞、17代頼韶と続いたが、頼韶が早逝、頼貞夫人為子(島津家出身)が娘宝子(とみこ)の養子に迎えた剛が18代となった。しかし後に剛は宝子と離別、行方不明となり、長女の宜子が19代と呼ばれるようになった。
*6 徳川頼貞は外国の音楽家を招いてコンサートを開催するなど我が国音楽文化向上に大きな貢献をした。音楽を通じて国内外の多くの人と交友を深め、海外でも人気は高かった。戦後も54年に死去するまで参院議員を2期務めた。
*7 南葵音楽文庫は1917年にロンドンで購入した「カミングス・コレクション」など貴重な資料をそろえた世界的な音楽書・楽譜のコレクションだった。
*8 頼貞は欧州外遊中にこのパイプオルガンが欲しくなり、南葵楽堂建設時に発注したが、第一次大戦のため一時生産が中止となり、終戦2年後にやっと納入された。楽堂が関東大震災で使用不能となった後、パイプオルガンは東京音楽学校(現東京芸大)に寄贈された。そのパイプオルガンは今も芸大の旧音楽学校奏楽堂に保存されている。なお当時の70000円は現在の4億円ぐらいである。
*9 加藤清正の兜はオークションで尾張徳川家が1万1000円で落札、現在は徳川美術館にある。
*10 3度にわたる家宝・伝来什器などの売却で頼貞が得た500万円は現在の285億円ぐらいに相当する。前出「音楽の殿様 徳川頼貞」には、今の金にすると通常の年でも月平均1億円、欧州旅行などに出かけると、その3倍以上の出費をしていたというから破産状態になるのも当然である。
*11 南葵楽堂が1923年の関東大震災で閉鎖された時、南葵音楽文庫も休止となったが、翌年南葵音楽図書館として再開されていた。


頼貞侯が欧州滞在中に70,000円(今の価格にすると約4億円)で購入し、南葵楽堂に置いたパイプオルガンは、関東大震災後、旧東京音楽学校(現在の東京芸大)に寄贈され、今も同大学奏楽堂にある。なお、奏楽堂は現在耐震工事中のため、パイプオルガンを見ることはできない。 頼貞侯の時代にオークションに出され、尾張徳川家が11,000円で落札した加藤清正の兜は現在徳川美術館に展示されている


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url