明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




ミステリーがお好きです

 私はミステリー好きで、気に入ったシリーズものは文庫本を片っ端から買って読んでしまう。一気読みして、筋をすぐ忘れてしまうので、新しく買った本を途中まで読んで、やっと「前にも読んだことがある」と気づくことも多い。もっとも、これは多くの中高年が経験しているらしく、何人もから「実は私も」という告白を聞いた。東野圭吾、宮部みゆき、栗本薫、内田康夫、高村薫、海堂尊、綾辻行人、東川篤哉*1などその時々の話題作を手当たり次第に読んだ感もあるが、森博嗣、田中芳樹、松岡圭祐、鯨統一郎、さらには二階堂黎人、深谷忠記、吉村達也、北村薫、古くは山村美紗らのシリーズものも好みだった。
 何を隠そう、実は「美女探偵」が登場する作品が大好きなのである。二階堂蘭子ものは美形の少女探偵と、残忍極まりない殺人事件のミスマッチが売りで、殺人鬼ラビリンスとの対決である「悪魔のラビリンス」「魔術王事件」「双面獣事件」「覇王の死」でも、独仏国境近くの古城で起きる惨劇を描いた世界最長の推理小説「人狼城の恐怖」でも、死屍累々、一体何人が殺されたか分からない。大勢が死んでから二階堂蘭子が登場して謎を解くわけで、ミステリーの名探偵の常とはいえ、もっと早く乗り出してほしいと思いながら読む。
 森博嗣作品は、元愛知県警本部長の令嬢で、両親を飛行機事故で亡くしたN大の学生・西之園萌絵が助教授*2・犀川創平とコンビで活躍するS&Mシリーズなど*3ほとんど読んだし、最近は松岡圭祐の万能鑑定士Q=凜田莉子や特等添乗員α=浅倉絢奈のシリーズ*4とか、高飛車な美人歴史学者・早乙女静香らが活躍する鯨統一郎の歴史推理ものも次々読んでいる。伝奇アクションの田中芳樹は創竜伝が有名だが、警視庁刑事部参事官・ドラよけお涼*5こと薬師寺涼子警視のシリーズがバカげていて好きだ。北村薫の覆面作家シリーズは3冊しかないが、大富豪のおしとやかな娘で新進作家の新妻千秋が、屋敷を出るとがらりと人が変わって名探偵ぶりを発揮する話である*6。深谷忠記の壮&美緒シリーズはアリバイ崩しがメーンで、出版社の編集部員・笹谷美緒が恋人で大学講師の数学者・黒江壮とコンビで事件解決にあたる。30作以上あるが、ここ数年新作が出ていないのは寂しい。
 山村美紗の作品の多くは女性が探偵役*7で、中でも名探偵キャサリンは米国副大統領の娘キャサリン・ターナー*8が京都で起きる殺人事件を解決するものでおなじみ狩矢警部も登場する。キャサリンを社長令嬢でカメラマンの日本人・希麻倫子に置き換えて、かたせ梨乃主演でテレビシリーズになった。吉村達也の烏丸ひろみシリーズは、彼女が警視庁捜査一課の女性刑事という設定で始まったコミカルな刑事ものだったが、次第に心理サスペンス化した。ひろみは襲われて一時記憶を失い刑事を辞めるが、その後も事件と遭遇する。山村美紗も吉村達也も故人になってしまった*9ので、もう続編が読めないのが残念だ。
 
*1 東野圭吾にはシリーズものでない作品も多いが、刑事加賀恭一郎シリーズや物理学者湯川学のガリレオシリーズのほか、しのぶセンセイが登場する初期のなにわ少年探偵団シリーズなどがある。宮部みゆきは時代小説も多いが、現代ものでは「模倣犯」などの前畑滋子、「名もなき毒」などの杉村三郎、パーフェクト・ブルーなどの元警察犬マサといった複数の話に登場する探偵役がいる。栗本薫(1953〜2009)は名探偵伊集院大介ものと、作者と同名の少年・栗本薫が活躍する「ぼくら」シリーズがあるほか、正伝だけで130巻というスペースファンタジーのグインサーガ(未完)、魔界水滸伝シリーズなどの超大作がある。内田康夫は云わずと知れたルポライター浅見光彦シリーズなど、高村薫は何と言っても合田雄一郎刑事シリーズ、海堂尊は「チーム・バチスタの栄光」などの田口・白鳥シリーズ、綾辻行人は江南孝明と鹿谷門実が登場する館シリーズが楽しみである。東川篤哉はユーモアミステリーで、烏賊川市シリーズ、鯉ケ窪学園探偵部シリーズも面白いが、やはり世界的財閥の令嬢で国立(くにたち)署の新米刑事という宝生麗子と、麗子の執事兼運転手で実は名探偵の影山が鮮やかに事件を解決する「謎解きはディナーのあとで」シリーズが私の好みである。
*2 2007年4月の学校教育法改正で、助教授という職階が廃止され、Associate Professorに相当する職階を「准教授」とすることになったので、今は助教授は存在しない。
*3 森博嗣の作品は名古屋を模した架空の都市・那古野を中心舞台に展開される。S&Mシリーズの他に、旧家の元令嬢で子持ちの美女・瀬在丸紅子が探偵役、自称私立探偵の保呂草潤平の協力を得て事件を解決していくVシリーズ、さらには四季シリーズやGシリーズXシリーズなど西之園萌絵と犀川創平がちょっとだけ顔を出すシリーズなどがある。
*4 元劣等生の美女2人がふとした出会いから才能を引き出され、鑑定士として、また添乗員として様々な苦難を乗り越え、事件を解決するシリーズ。殺人事件の起きないミステリーとして知られる。
*5 東大卒の警視庁キャリア官僚にして絶世の美女だが、パワハラの権化のような主人公・薬師寺涼子が、部下の泉田純一郎をこき使って、ライバルの室町由紀子警視と競い合いながら怪物を退治する話。「ドラよけ」とは「ドラキュラも薬師寺涼子をよけて通るほどコワい女」という意味だ。
*6 覆面作家シリーズは1998年にNHKで、ともさかりえ主演「お嬢様は名探偵」としてテレビドラマ化された。
*7 山村美紗にはテレビでおなじみの葬儀や石原明子シリーズ、女検視官江夏冬子シリーズ、祇園舞妓小菊シリーズ、不倫調査員片山由美シリーズ、看護婦戸田鮎子シリーズ、推理小説作家沢木痲沙子シリーズなどがある。
*8 余談になるが、山村美紗のイメージでは「ロマンシング・ストーン」などの米女優キャスリーン・ターナーが名探偵キャサリンのモデル的イメージだったかもしれない。
*9 山村美紗は1996年9月5日にホテルの部屋で執筆中、心臓発作で死去、65歳だった。吉村達也は胃がんのため2012年5月14日に60歳で死去、氷室想介や朝比奈耕作シリーズが有名だが、私は断然烏丸ひろみだ。




<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url