明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




東北は今も

 7月9日に東日本大震災被災地を1年ぶりに視察した。岩手県の釜石から北は昨年と一昨年に訪れているので、今回は岩手県南部の陸前高田市を中心に、大船渡市*1と宮城県の気仙沼市*2、南三陸町*3、石巻市、女川町などを訪れた。関西空港を拠点とする格安航空のピーチ・エアラインが就航し、仙台へのアクセスが便利になったので、8日(月)の公務終了後、関空に向かい、18時55分発の便*4に搭乗、仙台空港(名取市、岩沼市)到着は20時15分、空港アクセス線経由で仙台駅近くのホテルに着いたのは21時半過ぎだった。
 翌朝、東北新幹線で一ノ関*5に行き、レンタカーで陸前高田市に向かった。同市は宮城県との県境の町で、リアス式海岸の入江にあり、大津波に市の中心部が飲み込まれ、被害が特に大きかった。犠牲者は1800人以上、市庁舎は流され、職員の3分の1近い113人が犠牲になった。市の人口は、震災前より約3,000人減って、現在は19,500人程度という。
 防潮林の高田松原(約7万本)が根こそぎ津波にさらわれた中で残った「奇跡の一本松」を右手に見ながら、高台にある市役所仮庁舎を訪問、和歌山市から派遣している職員*6の案内で、まず彼の勤務先である教育委員会を訪問、教育長らと面談した後、生涯学習課のメンバーにあいさつした。この課の職員は半数近くが他都市からの応援部隊だという。
 次に市長室を訪れ、出張中の戸羽太市長に代わって久保田崇副市長らから復興状況などを聞かせてもらった。今も多くの市民が仮設住宅で生活を続けているが、市役所仮庁舎の向かいにある小高い山林を現在造成中で、完成すれば海抜20m程度の住宅地として、仮設住宅に住んでいる人たちの移転場所になるという。また、造成地を切り開いた残土は、津波で流された町の中心部のかさ上げに使われることになっている。とはいえ市全体としては、復興はまだ緒に就いたばかりで、大きな災害から立ち直ることの大変さを痛感した。
 さて、「奇跡の一本松」は、海水を浴びたために立ち枯れていることが分かり、陸前高田市は、「せっかくの希望のシンボルを失いたくない」と、1億5,000万円かけて復元保存することを決め、募金*7を集め、昨年9月に高さ27mの松をいったん切断、中をくりぬいて防腐加工したうえで芯棒を通し、レプリカの葉っぱをつけて、元の場所に建て直すという10ヵ月近い作業を経て、7月4日に完成式典が行われたばかりだった。一本松の復元については、「枯れた松にお金をかけるのはおかしい」「復興事業の方が大切」とのメールや電話が全国から多数あったが、仮庁舎のあちこちには「奇跡の一本松」の写真や児童が描いた絵が飾られ、「一本松」が住民の希望のシンボルであることがよくわかった。和歌山大空襲で焼け落ちた和歌山城天守閣を、一部の批判を押し切って13年後に再建し、戦後復興のシンボルとして市民に自信をもたらした高垣善一元和歌山市長の英断*8を思い出した。
 
*1 大船渡市は陸前高田市より少し北にあり、陸前高田ほどではなかったが大きな津波被害を受けた。私は09年夏に全国港湾都市連絡協議会で大船渡市を訪れたことがあった(余談独談09年8月18日「飛鳥U」)が、その時のホテルも、夜飲みに出かけたスナックも跡形もなく消えていた。
*2 気仙沼市では海から1kmも離れた陸地まで流された第十八共進丸が道路わきにモニュメントのようにそびえており、観光スポットになっていた。
*3 南三陸町では骨組みだけが赤茶けた肌をさらす防災対策庁舎跡を視察した。この庁舎は屋上まで津波に洗われ、防災放送担当だった遠藤未希さん(当時24歳)はじめ多くの職員が犠牲になった。今、庁舎玄関前には祭壇が設けられ、常に線香の煙が立ち上り、観光バスも訪れる。
*4 ピーチ・エアラインのこのMM139便は7月11日で休止となり、代わって8月31日まではMM137便として関空発15:45、仙台着17:05の便が飛んでいる。朝一番のMM131便は7:30または7:25発。9月1日からは11:10発(9月13日からは11:30発)のMM131便が運航を始めるので、1日3往復(仙台発は9:15、13:00=13日からは13:20=、17:35)となり、10月中旬まで週2回は夜の便も運航する。
*5 市の名前は一関で、市内の団体や会社などほとんどすべてが「一関〜〜」、なのに、駅だけが「一ノ関」となっている。よく似た例に、かつて「西ノ宮」だったJR東海道線の西宮駅(西宮市)があるが、市側の要望で2007年に「西宮」に改称した。
*6 和歌山市は陸前高田市に2012年度から事務系職員を1人派遣している。また、同じ岩手県の山田町にも震災発生直後からずっと技術系の職員を1〜2人派遣している。
*7 募金は7月4日の除幕式までに1億3000万円以上集まったという。
*8 高垣善一元市長は終戦後の1948年に市長に就任し、焼け野原となった和歌山市の復興に尽力した。特に、和歌山市のシンボルだったお城の天守閣再建には並々ならぬ執念で臨み、市民や松下幸之助氏ら市出身の実業家に寄付を募り、1957年に着工、翌年11月に現在の天守閣が完成した。この時、マスコミや、市長に批判的な政治家らからは「まだ住むところさえない市民もいるのに」「お城再建は民主国家にふさわしくない」「そんな金があるなら恵まれない人に使うべきだ」などの激しい批判があった。しかし、建設費のほとんどを市民の寄付金と積立金で賄っており、まさに市民が再建した天守閣だといえる。このことが和歌山市民に勇気と誇りを取り戻すきっかけになったのは間違いなく、「奇跡の一本松」もそういった精神的支柱として意味があると思う。


map
大津波の前には7万本の松が茂っていた陸前高田市の高田松原に1本だけ残った「奇跡の一本松」は、モニュメントとして残された陸前高田市役所には、子どもたちや全国の支援者らが手作りした「奇跡の一本松」のレプリカや絵、写真などが多数届き、仮庁舎の至る所に飾られ、地元の「一本松」への思いが伝わってきた遠三陸町の骨組みだけになった「防災対策庁舎」。この3階で住民に避難を呼びかける途中津波に流され、亡くなった遠藤未希さんや他の多くの犠牲者を悼む祭壇が設けられ、今も花束が供えられ、線香の煙が立ち上っている(右側で庁舎を見上げているのが私)
map map


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url