明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




ライバルは何思う

 楽天の田中将大投手(24)が開幕21連勝、昨季から通算25連勝という大記録を達成した。田中投手は8月9日にKスタ宮城での対ソフトバンク戦に先発、7回無失点で今季開幕から無敗の16連勝を達成、この時点で1981年の間柴茂有(日本ハム)、2005年の斉藤和巳*1(ソフトバンク)の持つ開幕15連勝の記録を破った。さらに、16日の対西武戦で17勝目を挙げ、昨シーズン後半からの連勝記録を21に伸ばし、1951〜52年の松田清(巨人)、57年の稲尾和久*2(西鉄)の20連勝を超えた。そして9月6日、101年ぶりに世界記録*3を破る開幕20連勝に到達、13日の対オリックス戦は完投で通算25連勝、開幕21連勝となり、大リーグのカール・ハッベル(ジャイアンツ)が1936〜37年に記録した24連勝の世界記録を更新、同一シーズン20連勝の稲尾のプロ野球記録も超えたのである。
 実は稲尾は20連勝したシーズンに計35勝(6敗)している。連勝のスタートは後半戦に入った7月18日で、76日目の10月1日に20連勝を達成した。この76日間の登板試合数は32、先発が14試合12勝、救援が19試合*4で8勝となっており、投球回数は182回1/3、中2日で先発したのが4回、その2日の間に救援で登板したのが2回、計3試合あった。田中の場合はすべて先発で、4月2日に今季初登板初勝利を挙げ、158日目となる9月6日の23試合目で20連勝となった。この間の投球回数は181回で稲尾とほぼ同じだ。
 つまり稲尾が76日で作った記録を田中は158日かけて作ったことになる。どちらの記録が凄いかの判断は難しい。わずか76日で20勝する稲尾の“鉄腕”にも恐れ入るが、シーズンを通して先発を続け、勝ち続ける方がさらに難しいようにも思える。どんな選手でも調子の波があり、シーズンを通して好調を保つためには大変な努力が必要で、健康管理を一手に引き受ける年上妻・里田まい*5の「内助の功」にも頭が下がる。現に、戦後プロ野球でシーズン10勝以上を挙げて無敗だった投手は81年の間柴(15勝)1人だけで、1敗も、ともに16勝の05年の斉藤と07年の成瀬(ロッテ)の2人しかいない。田中が、「不世出の大投手」「神様、仏さま、稲尾様」と言われた稲尾と肩を並べたのは間違いない。
 さて、田中将大といえば、ハンカチ王子と言われた同期の斎藤佑樹(日本ハム)の名が浮かぶ。甲子園で田中と投げ合い、早実に優勝をもたらした後、プロの誘いを蹴って早大に進学、六大学野球のヒーローとなったが、プロ入り後の2年余は、12年のシーズン初めだけ活躍したが、あとはパッとせず、今季は肩を痛めて二軍暮らしである。マスコミにもてはやされ、「自分は何か持っている」などと慢心しているうちに田中に圧倒的な差をつけられてしまった。ゴルフの世界で、松山英樹にあっという間に追い越された石川遼も同じだが、世の中チヤホヤされて舞い上がってしまうほど怖いことはない。あれほどマスコミをにぎわした斎藤だが、どんな思いで田中の快挙を見ているのかさえ今は報道されない。
              ×         ×         ×
 田中将大投手の大記録について書きたくて、先週に引き続き惰学記の予定を余談独談に変更した。3回続けて余談独談となったので、次週以後惰学記が続く。お許しいただきたい。
 
*1 ソフトバンクの斉藤和巳投手は1997年に高卒でソフトバンクに1位指名され入団、2002年ごろから1軍で活躍、03年に20勝を挙げ、06年まで4年連続10勝以上を記録、特に05年は開幕15連勝を含む16勝1敗を記録。翌06年も18勝6敗で、勝利数、防御率、勝率、奪三振、完封数の投手5冠を達成した。しかし翌年肩を痛め、リハビリに努めたが、08年以後は登板できず、現役を引退しリハビリコーチという肩書で球団に残って復帰を目指したものの果たせず、13年7月に現役復帰を断念し退団した。なお、妻はタレントのスザンヌだが、最近は離婚のうわさも出ている。
*2 日本プロ野球史における稲尾投手の足跡は、金田正一(国鉄→巨人)、杉浦茂(南海)を超えるほど大きく、年間42勝、シーズン防御率1.06、3年連続30勝以上、プロ入り7年目の200勝達成など決して破れないような記録を数々達成している。特にペナントレースで20連勝した57年の日本シリーズでは稲尾は1、3戦に先発して敗れ、2戦目と合わせて3連敗とあとがなくなった、しかし雨で1日延びた第4戦に3度目の先発登板し初勝利、翌日の5戦もリリーフ登板し、自らサヨナラ本塁打を放って2勝目、後楽園での6、7戦は連続先発完投し、西鉄は巨人に3連敗後4連勝して大逆転で日本一に輝いた。この時生まれたのが「神様、仏さま、稲尾様」という名見出しだった。稲尾が20勝以上を挙げた56〜63年の7年間の登板数は平均65.5試合、最高は61年の78試合で、70試合以上投げたシーズンが4季もある。しかし先発は8年間で計233試合、年平均29.1試合だった。シーズン最多登板記録は藤川球児が05年に記録した80だが、これは中継ぎと抑えだけでの記録で、稲尾の78とは比べることができない。
*3 開幕からの連勝世界記録は20で、1912年ルーブ・マーカード(ジャイアンツ)が作った。
*4 先発14、救援19では33試合になってしまうが、実は14連勝目となった9月3日の対毎日戦で先発、4回2/3を投げた後いったん一塁に退き、6回以後再びマウンドに立ち救援勝利した形になっているためである。
*5 里田まいは札幌市出身で1984年生まれ。田中投手より4歳(学年では5年)年上である。2002年「カントリー娘。」としてデビュー、しばらくは鳴かず飛ばずだったが、06年にフジテレビ系のバラエティー「クイズ!ヘキサゴンU」でおバカタレントとして人気を集めた。10年11月に田中投手との交際が明るみに出、12年1月に結婚することを発表、3月20日に婚姻届を提出した。毎日新聞の記事によると、里田は料理のイロハも知らなかったようだが、田中と交際を始めてから努力するようになり、結婚を機に、スポーツ選手の食に特化したジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得。田中の食生活を全面的に支えるべく、腕と知識を磨いたという。里田の献立メニューは「里田まいの里田米」というブログで公開されており、彼女が田中投手の活躍を陰で支えていることは間違いない。


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url