明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




濱口梧陵

  きょう11月5日は津波防災の日*1である。安政南海地震(1854年11月5日)の時、大津波から広村(現・和歌山県有田郡広川町)の住民の命を救うため、自らの田の稲わらに火を放ったことで知られる濱口梧陵(1820〜86)のことは前にも書いた*2が、東日本大震災のすさまじい津波被害を目の当たりにし、近々必ず起きるとされる南海トラフの地震と大津波の恐怖にさらされている和歌山県民の1人として、改めて梧陵の事績を調べてみると、ラフカディオ・ハーン*3ではないが、まさに彼は「living God」だったことが分かる。
 梧陵が震災直後から近隣の村を回り、米を借りての炊き出しなど救援活動と道路や橋の修復工事、避難所建設などに奔走、さらに、いずれまた大津波が来ると考え、5,000両近い私財を投じて当時最大級の堤防を建設したことは前にも書いた。これによって被災住民は仕事を得て、離散も防がれた。この広村堤防は1946年の昭和南海地震時に住民を救い、今も立派に役割を果たしている。こうした地域リーダーとしての功績は特筆に値する。
  だが、功績はそれだけではない。元々梧陵は現在のヤマサ醤油の前身である濱口儀兵衛家の当主を継ぎ、千葉県銚子で醤油醸造業を営んでおり本拠はあくまで房総だった。しかし、江戸にもたびたび出かけ、当時の多くの文化人と交友、ふるさと紀州へもたびたび足を運んでいた。紀州への強い思いは終生変わらず、震災前の1852年には県立耐久高校の前身である耐久舎を開設し、地域の教育の礎を築くなど若いころから何かと郷土の発展に尽力した。安政南海地震の時期も、たまたま広村に帰っていて、大災害に遭遇したのである。
 人材育成や学問の発展、社会貢献のためには労を惜しまない人物だった梧陵は、近代医学の普及にも尽くした。下総佐倉藩の藩医から江戸神田お玉ケ池種痘所(東大医学部のルーツ)の頭取となった三宅艮斎*4(1817〜1868)や、銚子で医院を開いた蘭方医・関寛斎*5(1830〜1912)と交友し、寛斎に艮斎からコレラ予防法を学ばせ、銚子でのコレラ流行防止と種痘の普及に貢献した。寛斎は梧陵の支援で長崎に赴き、ポンぺ*6に学んだことが戊辰戦争で官軍の奥羽出張病院長として敵味方の隔てなく治療に当たったことに繋がる。
 梧陵は政治家としても秀でていた。幕末の1868年に商人としては異例の抜擢*7で紀州藩勘定奉行に任命され、藩政改革の中心となって和歌山県の経済近代化に尽くした。1871年には大久保利通の要請で初代駅逓頭(後の郵政大臣)に就任したが、郵政事業をめぐる考え方の違いから副官の前島密と対立して半年足らずで辞職している。その後は1880年に和歌山県の初代県会議長となり、混乱状態だった議会のまとめ役として手腕を発揮した。
  実業家で、政治家で、地域リーダーで、教育者で、行政マンで、篤志家でもあった梧陵は常に未来を見る先覚者だった。念願の海外旅行中に病を得て死去*8したのは惜しまれる。
 
*1 安政の南海地震は旧暦では嘉永7年11月5日(太陽暦では1854年12月24日)に発生した。この地震の32時間前に東海・東南海地震が発生しており、関東・東海地方も大きな被害があった。両日の地震を期に嘉永から安政に年号が変わったため、一般に安政の東海地震、安政の南海地震と称される。2011年の東日本大震災を機に、濱口梧陵の事績がクローズアップされ、翌年6月に成立した津波対策推進法で、11月5日が「津波防災の日」と定められた。
*2 2005年3月29日「巨大地震」で書いた。この時、戦前の教科書に、「稲むらの火」の話として載っていたことを書き、「今こそ、梧陵の業績を再度教科書ですべての子どもたちに伝えるべきだと思う」と記したが、現在では再び多くの教科書にも取り上げられるようになった。
*3 戦前の教科書に載った「稲むらの火」は、日本とその文化を愛したギリシャ出身の記者・文筆家ラフカディオ・ハーン=日本名・小泉八雲(1850〜1904)が「A living God」と題する英語の短編で世界に紹介、それが日本語に再訳されたものだった。この短編の中では、梧陵は五兵衛という年老いた庄屋として描かれており、安政南海地震当時34歳だった梧陵とはかなりイメージが異なっている。
*4 三宅艮斎は肥前島原(長崎県)の医家に生まれ、長崎で蘭方外科を学ぶ。現在の順天堂大学の基礎を築いた佐藤泰然と親交を結び、江戸と佐倉で泰然から厚遇され、1844年に佐倉藩医。1858年神田お玉ケ池の種痘所設立に協力。1861年に種痘所が西洋医学所と改称後は外科手術,繃帯学を教授した。
*5 関寛斎は上総(現千葉県東金市)の生まれ。佐藤泰然に蘭方医学を学び、26歳の時銚子で開業、濱口梧陵の支援を受け長崎に留学し、最新の医学を学んだあと徳島藩の藩医となる。戊辰戦争後は徳島に帰り、種痘奉仕などに努め、「関大明神」と敬愛された。
*6 ポンぺ(1829〜1908)は幕末に来日し、オランダ医学を伝えた。日本で初めて基礎的な科目から医学を教え、現在の長崎大学医学部である伝習所付属の西洋式の病院も作った。また、患者の身分にかかわらず診療を行ったことでも知られている。
*7 幕藩体制下では武士以外の身分の者が勘定奉行になることなどありえなかったが、梧陵は当時紀州藩の藩政改革に当たっていた津田出や陸奥宗光に推挙され、商人身分で異例の抜擢を受けた。
*8 梧陵は安政南海地震の前年、ペリー来航の直後に海外旅行を幕府に願い出たが許可されず、以来いつかは海外を見たいと念願していた。1884年にチャンスが訪れ、」5月30日に横浜を出発、3週間後にサンフランシスコ到着、カリフォルニア州に10月まで滞在し、その後米大陸を横断、同月末にニューヨークに到着した。この後ヨーロッパに渡ることも考えていたが、体調を崩し、ニューヨークで入院、翌年4月21日に帰らぬ人となった。


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url