明日  I will support Ohashi For tomorrow. 大橋健一
 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

市民が主役



余談独談




正常化の偏見

 3月11日。東日本大震災から3年が過ぎた。あの大惨事発生以後、大きな災害に関連して「正常化の偏見」という言葉がしばしば用いられるようになった。社会心理学用語である「nomalcy bias」の訳語だが、あまり適切とは思えない。「正常化」は、常態でない状況を正常に戻すというイメージで、国会審議が止まった時、与野党が協議して再開の合意に達する「国会正常化」のように使われるのが普通だし、「偏見」は、人や物事を悪いように決めつける判断を意味する言葉なので、「異常な自然現象が起きているのに正常と思い込んでしまう心理」を「正常化の偏見」と言うとニュアンスがかなり違うからだ。むしろこの訳語が「nomalcy bias」という心理の怖さを正確に伝えにくくしているようにさえ思える。
 中国の古典に「杞憂」という話が出てくる。今から3000年以上前の中国・周代にあった「杞」という小国の男が「いつか天が落ち、地が崩落して身の置き所が無くなるのではないか」と心配して、夜も眠れず食事もとらなかったという故事から、極端な心配症、取り越し苦労のことを「杞憂」と言うのである。考えてみれば、いつ歩道に暴走車が突っ込んでくるかも知れないし、乗った電車の運転士が心臓発作で電車を止められなくなって大惨事となることもありうる。旅客機もテロリストによって9.11のような悪夢に遭遇しないとも限らない。心配するときりがないわけで、普通の人間は日々の生活で多少いつもと違ったことが起きても、心が過剰に反応して疲弊しないように、正常の範囲内ととらえ、心を平静に保とうとする心理が働くように出来ている。これが通常の「nomalcy bias」だ。
 しかし、災害時には、「nomalcy bias」が裏目に出ることが少なくない。避難指示や避難勧告が出ても、「大したことないだろう」と高をくくって逃げず、命を落としたり、間一髪の状況に陥るケースや、避難を指示したり、誘導・先導すべき人たちに「nomalcy bias」が働いて、被害が拡大した例が東日本大震災など大きな災害*1では必ずあった。大災害に直面した時に、いかに「nomalcy bias」にとらわれないで、正しい判断ができるかが住民一人一人に問われていると同時に、企業や行政には、「これぐらいで大丈夫だろう」という甘い対策ではなく、真に市民の安全を守るための対策が求められるわけで、責任は重い。
 そういう視点で、福島第一原発に対する東京電力の対応を見ると、事故後も事故前も「この程度で大丈夫だろう」と言う思い込み(典型的なnomalcy biasである)に支配され続けていたことがよく分かる。震災前、地震や津波を懸念する声に耳を傾けず、柏崎刈羽原発が新潟県中越沖地震でトラブルとなった時の教訓を生かさなかった*2結果、あの大事故を招き、その後も、汚染水の海洋流出を防ぐ抜本的対策を怠り、応急策に終始した結果、事故後3年たっても垂れ流しが止まらない。責任ある大企業とは到底思えないお粗末さだ。
 
*1 東日本大震災の時、宮城県石巻市立大川小学校では、震災発生の50分後に津波に襲われたが、その間全校児童を校庭に集め、教職員がその場で「どこに避難すべきか」について議論を始めた。候補地は学校南の険しい裏山と、200m離れた新北上大橋のたもとだったが、意見がなかなかまとまらず、最終的に新北上大橋に向け出発した直後津波が襲いかかった。全校児童108人のうち死者・行方不明74人、教職員も13人中10人が犠牲になった。また、地震発生直後、大津波警報が出されているにもかかわらず、同じ石巻市の私立日和幼稚園の送迎バスが園児を載せて海沿いを走行し、津波に巻き込まれて園児5人が犠牲になったが、昨年9月17日、仙台地裁は「情報収集を怠り、園児を乗せたバスを海に近い低地に出発させた」と園の責任を認め、計1億7700万円の賠償金支払いを命じた。いずれも「まさか」という「大丈夫信仰」が招いた悲劇である。オウム真理教が引き起こし、13人の死者が出た95年3月20日の地下鉄サリン事件の時、被害を受けた多くの乗客らは鼻水や息苦しさに見舞われながら「風邪ひいた」「睡眠不足で疲れている」「貧血みたいだ」と自己診断し、危険な状況に陥っていると感じなかったとされる。また、03年2月18日に韓国・大邱の地下鉄で起きた放火事件は死者92人、負傷者148人という大惨事となったが、車内に煙が充満しているにも係わらず多くの人が、席に座ったままだった。いずれも「正常化の偏見」が惨事を大きくした例と言える。
*2 07年7月16日の中越沖地震で発生した柏崎刈羽原発の火災と、その後の東京電力の対応については12年12月5日の余談独談「だから言ったじゃないの」に詳しく書き、後に書き直して「だから云ったじゃないの」として「百歌自典」にも収録した。


<back>

 HOME / ごあいさつ / 自分史(1946〜2002) / 父との別れ / 憂楽帳 / 惰学記 / 父の思い出 / 後援会 / 大きなうた / 余談独談 / 志談 市談 私談

 大橋建一へのご意見等は、こちらから。  E-Mail : info@ken-ohashi.jp url